夜間にカーニバルの中を散歩する一人称視点のホラーパズルゲーム「Achromatic」のレビュー

36

Achromaticってこんなゲーム

概要

・Raccoon Platoon Gamesが開発、2022年6月14日にリリース。

ゲーム内容

ゲームプレイ
一人称視点のホラーパズルゲーム。翌日に開催されるカーニバルのメリーゴーランドやワイヤーの修理を任されたエンジニアが、夜中に園内を歩き回り、暗闇に潜む魔物を避けながら奥に隠された秘密を暴いていく。

主人公は壊れたワイヤーや機材やらを修理しにきたエンジニア。カーニバルに足を踏み入れるとすぐに故障以上の問題があることに気づき、さらに奥へと進むことになる。

障害物が道を塞いでいることがあるが、照明の光を当てることで取り除ける。

この照明の切り替えがパズルになっていて、探索してスイッチを切り替えつつ光の向きを変えて進んでいく。

敵は人形のモンスターが何体かいて主人公を見つけると追いかけてくる。

戦闘で敵を倒すことはできないが、この敵も光が弱点なので光で遮断すればついてこなくなる。

 

総評
36/100

日本ではあまり馴染みのないカーニバルをテーマにしたホラーゲーム。出てくるキャラクターはサーカスっぽい?感じで不気味さは十分に味わえる。外観は作り込まれていて没入感はあるが、パズル要素は薄く歩くことがメインの地味なゲームプレイになる。モーションブラーの設定がなく、歩くだけでも画面揺れが激しいのでやっていて気持ち悪くなる。

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・雰囲気は怖いがジャンプスケアは無いのでどっきり系の怖いのが苦手な人にも安心
・さくっと終わる短編ホラー、20分でクリア可能
・無料で遊べる

微妙だった点

・簡単なパズルと歩くのが中心
・画面揺れが激しい
・日本語非対応

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。