ルーマニアの森でUFOに立ち向かう一人称視点のホラーゲーム「Tales From Hoia Baciu Forest」のレビュー

30

Tales From Hoia Baciu Forestのトレイラー動画

Tales From Hoia Baciu Forestってこんなゲーム

概要

・ルーマニアのBomb Squad Gamesが開発、2022年6月3日にリリース。

ゲーム内容

ゲームプレイ
ルーマニアの森でUFOに立ち向かう一人称視点のホラーゲーム。

ゲームの舞台はルーマニアに実在するHoia Baciuという静かな森。

人気の観光スポットでもあり地元住人たちにとっては憩いの場でもあるこの森は、この日も多くの人で溢れていたが、人々は空からやってきたUFOに一瞬でさらわれてしまう。

1人だけ残された主人公のエミール・バルネアは一緒にいた友人らを救うため森をかけまわってUFOに乗り込む手段を模索することに。

森の中はすでにUFOから出てきたエイリアンに支配されていて、彼らに見つからないようにいくつかある空き家に入って銃や回復アイテムを探すことになる。

所々にいるエイリアンに一回でも触れてしまうとゲームオーバー。エイリアンは止まっているのでこちらから近づかなければ大丈夫。

オープンワールド風の広大なエリアでどこに行けばわかりづらく霧がかかっていて見通しは悪いが、頑張って2つの家を探してアイテムを集めよう。

準備が整ったらいざUFOの中へ。

中には強力なエイリアンが一体だけおり、ここで戦闘が始まる。銃は数字キーの2で装備、エイリアンはかなり固くて弾が20発ほど必要なのでちゃんと探索しておかないとここで詰む。

エイリアンを倒すと1章クリア。このゲームは開発中で、2章以降はまだ配信されていない。

 

総評
30/100

ゲームは重くバグだらけ。危険に満ちた場所をくぐり抜ける探索システムとグラフィックや雰囲気が良く、ゲームとしてギリギリなんとか成立している。

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・ジャンプスケア演出がほどよくあり退屈しない
・グラフィックがそこそこ良い
・巨大UFOは見ごたえがある
・15~20分ほどでクリア可能
・無料で遊べる

微妙だった点

・15分で終わるわりにはゲームが重く、容量も大きい(8G)
・しばしばクラッシュする
・銃を撃ったときの手ごたえがなく、敵に弾が当たっている感じがしない
・日本語非対応

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。