斧で工事現場を破壊して森の自然を保護するアドベンチャーゲーム「LumbearJack」のレビュー

60

LumbearJackのトレイラー動画

LumbearJackってこんなゲーム

概要

・スペインのFinalBoss Gamesが開発、2022年6月12日にリリース。

ゲーム内容

ゲームプレイ
斧を持ったクマが森の自然を保護するため、工事現場の人工物をめった斬りにしていくアドベンチャーゲーム。

主人公はジャックという名の大きなクマ。

普段はおとなしい性格のジャックだが、自然破壊を目論む大企業イビルワークスの邪悪な計画を打ち破るため、斧を持って立ち向かう。

プレイヤーはジャックを操作して森の各地にある工事現場をめぐり破壊していく。

ステージクリア方式で全20ステージあり、1ステージ3~5分ほどでクリアできるためテンポ良し。操作は移動と斧の斬撃のみ。

斧を振ると目の前の物を壊すことができ、壊した物はリサイクルとしてジャックの背中にあるゴミ箱に入れられていく。なんでも壊せるものわけではなく、壊すのはあくまで自然に害を与えている人工物だけ。

ステージの中にはパズルが絡んでくることものもあり、モグラに爆弾を投げてもらい斧で打ち返して建物の破壊したり、リスをクレーン車で誘導して建物の上にある物を落としてもらったりする。

単純に斧を振るだけなら単調なゲームで終わってしまうが、そうならないよう工夫が凝らされていて、工事現場の作業員に平手打ちをお見舞いしたり、森の住人らと協力してパズルを解いたりと最後まで飽きさせない作りになっている。

 

斧の強化


ゴミ箱が一杯になると、それを素材として使い斧をパワーアップさせることができる。人工物が無くなったエリアには緑が広がり、切り株が出てくるとそこが斧を鍛える作業場となる。

斧のパワーアップは2回まで。ステージが終わると斧もまた強化前に戻る。

最初はちまちまと小さな物を斬ることしかできないが、斧を最高まで強化すると家やトラックまでも真っ二つに斬ることができ爽快感がある。

ゲームの操作

ゲームコントローラー、マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・動物たちのアニメーションが非常にかわいらしい
・テキストがほとんどなく言語に依存しないゲーム性
・カジュアルで優しい内容、どちらかというと子供向け
・日本語対応

微妙だった点

・2時間ちょっとでクリアできてしまうので値段に対してボリュームが物足りず、やりこみ要素もなく割高に感じる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。