患者の乱れた心拍を正常に戻し治療するリズムゲーム「Rhythm Doctor」の評価とレビュー

78

Rhythm Doctorのトレイラー動画

Rhythm Doctorってこんなゲーム

ゲーム内容

主人公はパソコンで実習を行うリモート研修医。次々とやってくる患者の正常な心拍を取り戻して彼らを治癒しよう、というあらすじです。

ドッドッドッっとリズムよく打つ脈。不整脈の人はこの脈拍と心拍が一致しないのでそれを治していこうという感じのゲームです。ルールは簡単。曲を聴いてビートの7拍目に合わせてボタンを押すだけ。7泊目のビートを完璧なタイミングで押すと患者の容態が良くなっていき、ミスると逆に悪化していきます。ステージをクリアすると次のステージに進むことができ、Aランク以上を取ることができればその患者の裏面にチャレンジすることもできます。

患者はそれぞれ心拍のリズムがユニークでステージが進んでいくと複数の患者を診ることもあれば、病気によってはバグったかのようにぐらついたりする画面効果があったり、リズムが不規則変化するといった演出もあり、難易度が上がっていきます。

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

ストーリー性が強いリズムゲーム

ゲームプレイも楽しいけどストーリーも良いリズムゲーム。患者の1人1人にストーリーがあってドラマ風になっているので、成功したときは達成感があります。

やり応えのある難易度

高難易度リズムゲーム。初見ではなかなか難しいけど、だんだんと順応してうまくなっていく感覚が心地いい。リズム感に自信のある人にはぜひチャレンジしてみてほしいゲーム。

簡単な操作

音ゲーですがそんなに忙しい操作は必要じゃなく使用するキーは1つだけ。キーボードのスペースキーかマウスクリックのどちらかお好きな方で。

リプレイ性は低い

ストーリーを攻略していくリズムゲーなので、他の音ゲーのように何回も好きな曲をやるっていうゲームではなかった。

日本語に対応していない

日本語未対応。ゲーム自体はリズムゲーなので日本語が無くてもできるが、ストーリーも重要なのである程度英語が読める方が望ましい。

Rhythm Doctorをプレイした感想まとめ

Steamで6時間ほどプレイした感想。シンプルなデザインで音ゲーが苦手な人でも楽しめるゲームでした。攻略にはリズム感が必要で音ゲーが得意な人はすらすら進んでいける
かと思います。苦手な人でもだんだんとリズムに慣れてくるので、頑張ればなんとかなるという感じ。あとは日本語に対応してくれれば最高ですね。音ゲーが好きな人、高難易度のリズムゲーがやりたい人にはオススメします。

Rhythm Doctorのストアページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。