呪文を唱えて敵からソウルを集めるローグライト「Spirit Hunters: Infinite Horde」のレビュー

54

Spirit Hunters: Infinite Hordeのトレイラー動画

Spirit Hunters: Infinite Hordeってこんなゲーム

概要

・イギリスのCreature Cauldronが開発、2022年5月26日にリリース。

ゲーム内容

ゲームプレイ
自動的に呪文を放つスピリットハンターを操作して敵からソウルを集めるローグライト。

基本的なゲームの流れはVampire Survivors(以下、VH)と同じ。真ん中にいるヒーローを動かして何千ものモンスターを相手に戦い15分の生存を目指す。

初期から選べるキャラクターはマグナスとビビアンの2人。キャラクターは特性に違いがあり、レベルが上がるごとにマグナスはHP回復、ビビアンは磁石(アイテムを回収する範囲)が上がる。他にもキャラクターによって呪文との相乗効果も変わる。

例えばキャラクターの周りをまわり続ける呪文・ファイアーオーブをマグナスが装備するとアップグレードする度にHP回復、ビビアンの場合だと敵を倒したときにソウルを落とす確率が上がる。

敵を倒したときに落とすソウル(経験値)を集めるとキャラクターがレベルアップし、ランダムに選ばれる3つのアップグレードから1つ選択。

新しい呪文を手に入れれるか、すでに持っている呪文を強化。強化できる項目が細かく、スキルのクールダウン短縮、ダメージアップ、攻撃範囲、攻撃スピード、サイズアップなどがある。

個人的にお気に入りの呪文はトルネード。攻撃の範囲が広く、貫通な上に当たった敵をノックバックさせる。残念ながら強すぎたためアップデートで少し弱体された。

 

VHとの違い

フィールドに落ちているソウルやハートといったアイテムは15秒で消える仕様。

常にキャラクターを動かしてアイテムを拾いに行かなければならない。経験値を得るためには自らが敵の集団に近づく必要に迫られ、緊張感はより高まる。しかし、動かさなくてもクリアできるキャラを作りたい人には厳しいシステムかもしれない。

もう一つ大きな違いは探索要素があるところ。

フィールド上を歩いていると宝箱や鉱石を見かけることがあり、まわりの円の中に一定時間いるとアイテムが手に入る。

宝箱は普通の宝箱、ボスの宝箱、ペットが手に入る宝箱の3種類。ペットはさまざまな能力を持つ優秀なサポートキャラクター。ボスはレアな宝箱を落とすがしばらく経つと逃げてしまうので、できれば早めに倒しておきたい。

15分経過すると最後のボス戦。
周りの檻が少しづつ狭まってくる。これに当たるとダメージを受けることに注意。ボスよりも檻のほうがきつい。

 

アップグレード
クリア報酬でもらえる通貨またはフィールドで拾える通貨を使ってキャラクター、マップ、難易度、呪文などの開放や呪文の恒久アップグレードができる。

開放できるものの中には特定のモンスターをX体倒すといった条件付きのものもあり、何度も同じマップを周回することになる。

ゲームの操作

ゲームコントローラー、マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・アメコミ調のアート
・使用するキャラクターによって呪文の効果が変わるシステム
・移動だけのお手軽操作
・レベルがさくさく上がる
・3つ目のマップ以外は敵が多くても見やすい
・1回15分というちょうど良い長さ

微妙だった点

・呪文と敵のアニメーション(伸ばす縮めるを繰り返すだけ)
・ボス戦の檻に触れるとダメージを食らう、初見では気づけない
・アップグレードの上昇率が低い
・アンロックした呪文を出てこないようにすることができない
・日本語非対応(スキルツリーや呪文などの簡単な説明が読めれば十分)

総括

4時間でノーマル3つのマップクリア。

キャラクターと呪文の相乗効果や探索のシステムに工夫を凝らしていて、他のVHライクなゲームとの差別化を図っているところが好ポイント。しかしアーリーアクセスが始まって間もないのでまだまだバランスは悪く、これからのアプデ次第といった感じ。ノーマルでも結構やりごたえがあり、さらにハードモードや巨大なスキルツリーもあるので、そこそこ長く遊べそうです。

Vampire Survivorsみたいなゲーム、手軽に遊べるローグライトがやりたい人にはおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。