地獄と化した地球を救う3Dアクションゲーム「Darksiders III」のレビュー

74

Darksiders IIIのトレイラー動画

Darksiders IIIってこんなゲーム

概要

・アメリカのGunfire Gamesが開発、2018年11月28日にリリース。

ゲーム内容

あらすじ
創造主によって作り出された「焦炎評議会」が施した封印により、悪魔と天使が争うことをやめ、秩序や調和が保たれている世界。

評議会が保護する地球では、何者かに7つの封印が解かれてしまい、終末戦争が人類を滅亡へと追い込み地獄と化していた。そんな中、評議会に仕える四騎士の一人フューリーは、地球に混乱をもたらす「セブン・シン」を討伐するため地上へと降り立つことに。

 

フォームによって変わるアクション
主人公のフューリーは鞭を使って攻撃する。
通常攻撃は広範囲の敵にダメージを与える「スコーンの棘」、そして近距離の敵に素早く連続攻撃をする「ホロウ攻撃」がある。

行く先々で「ホロウ」が解放されていく。

このホロウはわかりやすく言うと主人公フューリーの形態を変え、攻撃やジャンプアクションを自由に変えることができるフォームのことで、ホロウを解放することで戦闘が多様になり、今まで行けなかった場所にも行けるようになる。

▼序盤で解放されるフレイムホロウはマグマの上を歩き、炎の力で高い場所までジャンプできるようになる。戦闘面では、溜めホロウ攻撃で相手に継続ダメージを負わせることもできる。

 

強敵相手に有効な攻撃
XBOXコントローラーの場合、RBボタンで回避アクションとなるが、敵の攻撃に合わせて回避すると「魔力カウンター」が発動する。

他のアクションゲームにあるパリィやジャスト回避に近い概念のカウンター攻撃で、魔力カウンターが発動中は、フューリーは無敵状態となり魔法で攻撃する。

魔法攻撃は通常攻撃より与えられるダメージが多く、特に防御が固い強敵やボス戦ではこの魔法カウンターが欠かせない。

そのほかにも、ゲージを消費すると「ラス攻撃」が発動する。敵に囲まれた時やガードしている敵には特に有効。ホロウによって技が変わるのが特徴。

そして最後に、LB+RBボタンで「ハヴォックフォーム」を発動するとフューリーの姿が変化。無敵状態となり、しばらく相手を一方的に攻撃できる。

どんな苦しい状況でも打破できる超強力な技だが、頻繁には使えないので、ここぞという場面で使おう。

 

フューリーの強化
敵を倒して「ソウル」を得ることにより主人公の強化ができる。

強化できるのは「ライフ」「強度」「魔法」の3つ。ライフはHP、強度は通常の攻撃力、魔法は魔力カウンター時の攻撃力となっている。

そのほかにも素材から武器を鍛えたり、レリックを身に着けたりといった強化要素もある。

ゲームの操作

ゲームコントローラー、マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・カウンター技が爽快
・フォーム変化で移動や攻撃アクションが多彩
・戦闘の他にパズルもほどよくあり飽きない
・日本語対応

微妙だった点

・強化があっさり仕様
・翻訳がイマイチなところがある

総括

10時間ちょっとでクリア。

はじめてのDarksidersシリーズ。最高ではないけれど、戦闘・探索・パズル全て高い水準にあり期待以上でした。評判があまり良くなかったので、自分的には予想外の結果でした。低評価の理由が過去作との比較によるものが多いみたいなので、3が初めてだったのが逆に良かったのかもしれません。話は繋がっていますが、3からでも問題ありませんでした。戦闘は主人公の防御力が低いので雑魚敵でも一体ずつ釣り、しっかり回避して戦う感じです。武器を変えての攻撃バリエーションが豊富で、回避からのカウンターが決まると爽快です。難易度はそこそこ高めですが、ステータスを強化したり武器を鍛えたりいくらでもやりようがあるので詰まることは無いと思います。

戦闘中心のアクションゲームが好きな人にはおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。