モンスターの群れの中で10分間の生存を目指すローグライクシューティング「10 Minutes Till Dawn」のレビュー

64

10 Minutes Till Dawnのトレイラー動画

10 Minutes Till Dawnってこんなゲーム

概要

・flanneが開発、2022年5月12日にリリース。

ゲーム内容

・ゲームプレイ
ラブクラフト系のモンスターが次々に現れるアリーナで10分間の生存を目指す見下ろし視点のアクションシューティング。

目標は10分間の生存。最初に使用するキャラクターと銃を選択し、無限に湧いて出てくる敵を倒してユニークなスキルを獲得しながら、とにかく長く生き残ることを目指す。

▼使用できるキャラクターはそれぞれ個性的な能力を持ち、見た目がみんな渋くてかっこいい。

▼敵はモンスターだけでなく近づくと攻撃してくる木にも注意。

▼攻撃すると爆発する敵を逆に利用して敵の大軍を巻き込んで爆発させると爽快。

 

・操作
操作はWASDで移動、左クリックで射撃、右クリックでリロード。オートAIMではなく手動AIMなので、マウス移動で狙いをつける必要あり。

 

・ライフ
こちらのライフは回数制。

敵に当たった後の無敵期間は短く、群れに囲まれてしまうと2、3回ダメージを食らってしまうことがあり。

キャラのHPがそもそも少なく、回復アイテムなどは一切無いので、攻撃することよりも敵に当たらない立ち回りが求められる。

 

・レベルアップ
敵を倒すだけでは経験値を得られず、歩いて拾いに行く必要あり。レベルが上がると5つのスキルが提示され、その中の一つだけ獲得。

スキルは弾速アップ、弾のサイズアップ、リロード速度アップなど銃を強化するスキルが多い。他にも銃を撃つと同時に発動する火、雷、氷といった魔法や共に戦ってくれる召喚系のスキルもある。

スキルの種類が豊富で、スキル同士やキャラクターの特性との組み合わせ次第で強力なシナジーに。スキルの所持数制限みたいなものも無いのでどんどん欲しいスキルを獲得できる。

 

・周回要素
クリア、ゲームオーバーに関わらずプレイ後は通貨がもらえ、これでキャラと武器を開放していくことができる。ステータスアップ系のアップグレードなどは無し。

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・10分でクリアまで遊べるハイスピードなローグライクアクション
・渋くてカッコいいキャラクターデザイン
・レベルアップ毎にスキルを5つから選択でき、さらにリロールもあり、狙ったビルドを目指しやすい
・無料で遊べる
・日本語対応

微妙だった点

・黒の背景に敵も黒く視認性は良くない、派手なスキルを取ってしまうとさらに見づらくなって逆にきつくなる
・敵から逃げるだけで簡単にクリアできてしまうバランス
・敵の種類が少ない(ボスも2体だけ)
・解像度を変えられない

総括

20分でクリア。

最近よく見かけるVampire Survivors系にシューティングのアレンジを加えたゲーム。20分バージョンの製品が近々リリース予定で、本作はその体験版のような位置付け。ボリュームは短く、まだまだ荒削りな部分はありますが、全体的な骨組みは完成していて、後は肉付け次第といった感じで製品版がどうなるか楽しみです。

Vampire Survivorsのようなゲーム、ビルド構築が楽しいシューティングローグライクがやりたい人にはおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。