宇宙戦艦の艦長となってエイリアンや他国の戦艦と戦闘を繰り広げるストラテジーゲーム「Battleship Lonewolf」のレビュー

30

Battleship Lonewolfのトレイラー動画

Battleship Lonewolfってこんなゲーム

概要

・宇宙戦艦を操作して、エイリアンや他国の襲撃から地球を守るストラテジーゲーム。
・WolfShipGamesが開発、2017年11月23日にリリース。

ゲーム内容

あらすじ
舞台は宇宙。フレナット王国が地球の探査船に攻撃を仕掛けたことを発端に、また大きな戦争が勃発しようとしていた。地球軍はフレナット王国に対抗するため、すぐさま戦艦を展開する。

プレイヤーは派遣された戦艦の一つ、ローンウルフ号の艦長となって、フレナット王国の戦艦と戦い地球への侵攻を食い止めることが任務となる。

 

ゲームプレイ
宇宙戦艦ローンウルフの艦長となってエイリアンや他国の戦艦と戦闘を繰り広げるゲーム。

ゲームの進みはステージクリア方式となっていて、10ステージ終わるとチャプターが一つ完了する構成。
チャプターを3つ完了させるとゲームクリアとなる。

ステージに突入するとエイリアンやフレナット王国の敵機が次々に現れて攻撃してくる。それに対してこちらはタレットで敵を迎え撃ち、戦艦を防衛しながら前に進んでいく。

攻撃自体は自動でやってくれるので、プレイヤーがやることは移動して敵が撃ってくる弾を避けたりタレットをアップグレードしたりといったことがメインの操作になる。

一般的な縦シューティング系のゲームと違う点は、機敏に動ける戦闘機ではなく巨大戦艦を操作するので、ゆっくり旋回しながらの移動になること。そのため、どうしても被弾を避けられない場面などは多い。

敵を倒すと資源を落とすことがあるので必ず拾っていこう。資源はタレットのアップグレードやスキルの使用に使われる。

スキルには画面内の敵を蹴散らしてくれるPフレア、一定時間ダメージを吸収するEシールド、移動速度を上げるHブースターの3つあり、どれもいざというときに役に立つ。

 

タレット
ステージ突入前の準備画面では、タレットの配置を自由に変えられる。

タレットは全部で6種類あり、船首、船尾、側面などに搭載できる。

タレットには、それぞれ攻撃力や攻撃スピードや発射体の数に違いがあるが、それ以外の特徴として物理タイプと光学タイプにも分かれており、敵の性質に合わせて配置することで戦略的に戦えるようになっている。

 

戦艦の強化
拠点ではステージクリア時にもらえるお金で戦艦、タレット、スキルの強化をすることができる。
ここで強化したものは永続効果。

ゲームの操作

マウスで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・自動で攻撃してくれる手軽なシューティングゲーム
・戦艦を自由に強化するRPG要素
・マウスのみで操作が簡単
・日本語対応(機械翻訳)

微妙だった点

・音量の設定をしても変わらない爆音
・機械翻訳なこともあってストーリーが意味不明
・クリアしたステージに入ると既にイベントがまた発生する

総括

スマホゲームの移植作品。
操作はそこそこしっかりしていてシンプルなゲームです。平凡な内容ですが、まったりと宇宙で遊びたい人には良いかもしれません。ゲーム開始後はクリアが難しいステージにすぐにぶつかり、前のステージを繰り返してお金を稼ぎアップグレードを重ねて強くしていくんですが、過去ステージでも毎回同じイベントを見ないといけないのが少し面倒なところでした。
スマホのゲームですが、ゲーム内でアイテムを買うようなマイクロトランザクション、Pay to Win的な仕様は無いので安心して遊べます。

宇宙が好きな人、まったりと遊べる戦艦物RPGが好きな人にはおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。