バッドエンドを全力で回避するビジュアルノベル「BAD END」のレビュー

56

BAD ENDってこんなゲーム

概要

・バッドエンドになると死ぬと言われている都市伝説の謎を探るビジュアルノベル。
・日本のArai Koh Create Officeが開発、2015年11月25日にリリース。

ゲーム内容

あらすじ
インターネット上に突如として現れた携帯ゲーム「BAD END」

ゲーム内で主人公がバットエンドを迎えるとプレイヤーが死ぬという噂が最近ネットに広がり、SNSや掲示板を賑わせていた。

そんな噂を聞きつけたゲーム好きの2人の高校生、乾 久平(いぬい きゅうへい)と緒方 勇二(おがた ゆうじ)は、ネットの噂話を信じずただの都市伝説だと嘲笑ったが、その晩、緒方 勇二は謎の死を遂げる。

かけがえのない親友を失った久平は勇二の本当の死因を知るため、そして彼の無念を晴らすためBAD ENDをダウンロードすることになる。

 

ゲームプレイ
ネット上の都市伝説をテーマにしたビジュアルノベル。物語は乾 久平のリアルな日常とゲーム「BAD END」の中の世界を交互に進行する。

乾 久平がBAD ENDをプレイするときは、岩崎 公子を主人公としてゲームが進んでいく。

彼女は男女分け隔たりなく誰とでも仲良くなる明るい性格で多くの友達がおり、のんびりと生活する女子高生。しかし、度々謎の影に襲われることになる。

謎の影が現れるときは3つの選択肢が出てくるので、そこから公子を助けられるであろうものを選んでバッドエンディングを回避しよう。

公子がBAD ENDになると、プレイヤーの久平もBAD ENDになってしまう。ちなみにBAD ENDの数は13、True Endは1つ。基本的に間違った選択肢を選ぶとBAD ENDに直行する。

ゲームの操作

マウスで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・回りくどくなくテンポが良い
・序盤のつかみが良くできていて話に引き込まれる
・マウス操作だけの簡単な操作、ログの確認も楽
・個性的では無いけれど嫌な感じも一切しないキャラクターたち
・BADENDの可能性があるところでは必ずオートセーブが入る親切機能
・短時間でクリアできる
・ゴア描写が無い

微妙だった点

・ホラー要素は薄い
・同じ場所が何度も出てくる

総括

2時間遊んでみたインプレッション。

価格が安いものなので演出や絵の使い回しは気になりましたが、全体的に親切であまり安っぽさを感じさせない、丁寧に作られたホラーノベルという感じがしました。クリアまでかかる時間も短く、手軽に遊べるのも良かったです。話は思っていた以上にシンプルで、ひねったところはなく普通でした。タイトルやあらすじからもっと過激で刺激的なものがあるように感じていたので、そこはちょっと残念なところでした。

安くて短いホラーノベルが好きな人にはおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。