カエルの女の子が森を探索してお茶の材料を集めるアドベンチャーゲーム「Teacup」のレビュー

60

Teacupのトレイラー動画

Teacupってこんなゲーム

概要

・カエルの女の子を操作して森を探索するアドベンチャーゲーム。
・チリのSmarto Clubが開発、2021年9月24日にリリース。

ゲーム内容

あらすじ
動物たちが仲良く住む街リトルポンド。

読書とお茶が大好きなカエルの女の子ティーカップは自分の家に友達を集めてお茶会を開くことになったのだが、前日になってお茶を切らしていることに気づく。

あまり外に出たことがないシャイで内気な性格の彼女は、お茶会に必要な材料集めるため、急遽周りの森へ旅に出ることに。

 

ゲームプレイ
探索と会話が中心の横スクロールアドベンチャーゲーム。

森の中を探索し、リトルポンドに住むたくさんの動物たちと出会いながら、お茶会のハーブを集めていくというのゲームの流れ。

ストーリーを導くガイド的なものはなく、どこにお目当てのハーブがあるかわからないようになっているので、まずは動物たちに話しかけ情報収集するところから始まる。

動物たちの中にはさまざまな事情を抱えて困っている者もおり、彼らからの頼みごとを聞くとでお礼としてお茶会に欠かせないアイテムや材料がもらえるので、頑張ってクエスト・ミニゲームをクリアしよう。

 

探索

探索パートはティーカップを操作しながら周りにある物を調べるオーソドックスなタイプ。

調べられるところは目のアイコンが出てくるので闇雲にインタラクトする必要なし。

他にも会話できるところでは吹き出しのアイコン、エリアチェンジするところでは靴のアイコンで親切に教えてくれる。

 

ミニゲーム
ミニゲームが数多く用意されている。

ミニゲームのほとんどが出てくる絵をクリックだけのような簡単なもので、一部ヒント機能もついているので詰まるようなことはない。

 

特徴的なポイント
本作の一番の魅力は、絵本の挿し絵のようなこのビジュアル。どこへ行ってもスクショしてしばらく眺めたくなるぐらい建物や景色がかわいいのがポイント。

音楽の種類も豊富でエリアごとに音楽が変わる。落ち着いた優しいBGMばかりなので、最初から最後までほのぼのとした雰囲気を楽しめる。

ゲームの操作

ゲームコントローラー、マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・子供が読む絵本のような優しいアドベンチャーゲーム
・ほんわかとした明るい雰囲気
・難易度が易しめ
・日本語対応(日本語訳はほぼ完璧だが、一部文字が抜けているところがある)

微妙だった点

・平坦なストーリー

総括

2時間でクリア。

手描き風のアートが魅力的で背景の隅々までしっかりと描かれていたのが印象に残るゲーム。かわいい動物たちの会話、静かで心地良い雰囲気、難易度が緩いミニゲーム、といったところが特徴的で、癒されたいときやまったりと遊びたいときにもってこいの作品だと思います。ストーリーについては特に大きな何かがあるわけではなくちょっと平坦すぎる感じもしました。出てくるキャラや周りの環境すべてが優しすぎる世界なので、主人公が困難に立ち向かうような展開を期待するとがっかりするかもしれません。

ほのぼのとしたアドベンチャーゲームがやりたい人にはおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。