復讐に燃える一人の兵士となってテロリストの基地を破壊するFPS「KARMA」のレビュー

28

KARMAってこんなゲーム

概要

・テロリストの基地を破壊するFPS。
・Raytrace Interactiveが開発、2021年3月10日にリリース。

ゲーム内容

あらすじ
仕事から帰宅した主人公は自宅が荒らされていることに気づき、奥の洗面所で無惨な姿で倒れている父親を発見する。壁には父親が自分の血で書いた「KARMA」の文字。

家に残された証拠を集め犯人を特定した主人公は、父の復讐を果たすため、テロリストのキャンプをすべて破壊することを決意する。

 

ゲームプレイ

復讐に燃える一人の兵士となり、テロリストのキャンプに乗り込んですべてを破壊するFPS。

ステージクリア制でステージは全部で5つ。

森、砂漠、工場などテロリストの基地があるステージに突入し、そこでさまざまなミッションを達成することでクリアとなる。

 

操作


WASD移動、数字キーで武器の切り替え、Shiftキーで走る、Ctrlキーでしゃがみ。
アイテムがあればHキーで回復、Gキーでグレネード。

基本的には他のFPSの操作と変わらない。Fキーで物を拾うのだけちょっと特殊かもしれない。

 

攻略ポイント


敵が戦利品を何も落とさないことから、回復アイテムと弾数がすぐに足りなくなってくる。できるだけ無駄に撃たない、ダメージを受けないことを徹底して前に進むことが重要。

落ちているアイテムは背景と被っていて非常に見づらいので、見逃さないように探索しよう。

グレネードは敵を一掃してくれるが他のFPSと比べて扱いが難しい。投げたつもりでも手元に落ちてしまう。ターゲットの位置から倍以上の距離を狙うつもりで投げるとちょうど良い感じ。

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・グラフィックがそこそこ綺麗
・日本語対応

微妙だった点

・画面が常にカクつく
・撃ったときの反動が大きいのと、少し動くだけでも激しくブレるので照準が定まらない
・敵のリアクションがなく弾が当たっているのかどうかわからない
・アイテムが見づらい
・障害物の判定が大きい、何もない場所でも撃った弾が見えない壁に吸われる

総括

2時間遊んでみたインプレッション。

見た目は良いけれどクセがスゴいFPS。
今までやってきた大作FPSとは勝手が違って何もかもが不親切でしたが、環境の悪さにも順応して攻略方法を見つけていく楽しさがあるゲームでした。20cmほどの段差から降りるときでも大ダメージを負うので可能な限り段差がないところを見つけてから降りることを心がけたり、まずは試し撃ちして目の前に見えない壁がないか確認してから敵を撃つといった慎重な立ち回り、敵は固くて頭を撃ってもノーリアクション、後ろから敵を撃っても後ろを向いたまますぐに撃ち返してきたりします。なんかいろいろとおかしかったけれど、そういうゲームなんだなと割りきってしまうとそこそこ遊べるゲームなんだと思います。

ちょっと変わったFPSが好きな人にはおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。