最終駅を目指し列車に乗って感染者と戦う2D横スクロールシューティングゲーム「The Final Station」の評価とレビュー

70

The Final Stationのトレイラー動画

The Final Stationってこんなゲーム

「The Final Station」は崩壊した世界で生存者を列車で運び感染者と戦う2D横スクロールシューティングゲームです。

ゲーム性

主人公の運転士が列車に乗ってステーションに行き、生存者を助け、また列車に乗って次のステーションを目指す。これを繰り返し最終駅を目指すゲームです。

ステーション

ステーション内は探索パートになります。

列車を動かすには4桁の数字の発車コードが必要で、ステーションの中でコードを探し歩きます。ステーションにはメディキットや食べ物、銃や銃弾を見つけることがあり、これらを節約して進むことが重要になってきます。また、感染者がいることがあり、走ってくる子供感染者、完全防備した感染者、爆発する感染者などタイプはさまざまいます。

列車

列車内では生存者たちのヘルスや空腹を管理するサバイバルパートになります。

健康状態が悪い生存者にはメディキットを渡し、空腹の生存者には食べ物を渡します。生存者が生き残れるように気圧や空調のメーターを操作して列車の中を快適な状態にしておきます。いくつかのステーションを周り、ACTが終われば生存者から報酬がもらえます。

ゲームの操作

マウスキーボード、ゲームコントローラーどちらでも操作できる。

良かった点・微妙だった点

ゾンビに浸食されていく世界

人間社会の日常から始まり、世界が崩壊していく様を運転士の視点から見るゲームです。雰囲気や世界観はゾンビ映画っぽい感じがあって良きです。

日本語に対応していない

日本語化もできない。英語が出来なくても周りの景色を見てなんとなくストーリーを察することはできる。

The Final Stationをプレイした感想まとめ

Fanaticalのバンドルで購入し5時間でクリア。雰囲気も良く、ゲームとしてはすごく面白いですが英語ができないので、ストーリーの細部まではわからないのが残念でした。だいたい同じことの繰り返しで中盤はちょっとだるくなってくるが、終盤はかなり切ないストーリーで泣けます。ゾンビ物のゲームが好きな人にオススメ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。