身元不明の轢き逃げ事件を捜査する実写ミステリーゲーム「Deluded」のレビュー

47

Deludedのトレイラー動画

Deludedってこんなゲーム

概要

・刑事となって身元不明の轢き逃げ事件を捜査するアドベンチャーゲーム。
・ハンガリーに拠点を置くNew IDEA Gamesが開発、2021年12月20日にリリース。

ゲーム内容

「Deluded」は精神が病んで酔っぱらいの刑事とアシスタントのスーザンがある轢き逃げ事件の犯人を追う実写ミステリーゲームです。

左が主人公の刑事。過去のトラウマからその記憶に触れる話をすると気を失ってしまうという弱点はあるが、推理力は超一流。

右はスーザン。刑事とは違う角度から事件に迫る優秀なアシスタントで、次に行くべき場所などを教えてくれる。

ゲームは探索、会話、戦闘の3つのパートで構成されています。

探索パートではポイント&クリックによって手がかりを集めます。マーカーでどこを調べれば良いかわかりやすく教えてくれることもあれば、マーカーが無い場面もあり。いくつか手がかりを見つけると物語が進行します。

推理が必要なところは一ヶ所だけ。
警察にかかってきた通話の音声から被害者の名前を割り出し、警察のデータベースに入力するというもの。音声が英語かつ字幕も無いのでここだけかなり難しい。英語のリスニング力が求められます。

探索や会話によって証拠となる物を見つけるとEvidence Pointを獲得。終盤までに6つ以上のEvidence Pointを集められるかどうかで(おそらく)エンディングも分岐。

戦闘パートは時間制限ありのQTE。

中盤までは倒されてもすぐに戦闘前からやり直せますが、終盤はそのままエンディングになる場合あり。一度エンディングに入るとやり直しはできず、周回する必要がある点に注意。

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・ただの轢き逃げ事件から違う事件や主人公の過去にも繋がっていくストーリーが面白い
・リアルな捜査体験
・映画感覚で楽しめる
・マウスだけの簡単操作(文字入力はキーボード)
・演出が細かい
・役者さんの演技が自然
・日本語対応(一部音声の字幕が無く翻訳の質は低い)

微妙だった点

・QTEがある
・マーカーが無い探索はしらみ潰しに探索しなければならず間違うと何度も同じムービーを見せられる
・続編ありきのストーリーでエンディングを見ても謎を多く残したまま終わる
・強制フルスクリーン

総括

2時間で3回クリア。

身元不明の轢き逃げ事件を捜査するミステリーゲームです。
終盤の答え合わせであそこは不自然だったなぁと思っていたところを主人公がどんどん突っ込んでくれるのが気持ち良いです。ただの酔っぱらい刑事かと思ったら戦闘も推理も凄腕で、そのギャップが良かった。実写だからこその演出もたくさんあり見所が多い作品でした。
微妙な点は探索のムービーと戦闘のQTE。違うところをクリックしても判定が大きく同じムービーが何度も出てきて飛ばせない探索、戦闘はどこを押せばいいのか何を押せばいいのかまったく表示されないので最初はかなり戸惑いました。ストーリーは本作だけでは完結しないので、肝心な部分はわからいまま終わります。続編に期待。

サスペンスミステリー、刑事や推理物に興味がある人におすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。