スウェーデン民話の世界に迷い込んだ姉弟が脱出を目指すホラーゲーム「Unforgiving – A Northern Hymn」の評価と簡単レビュー

73

Unforgiving – A Northern Hymnのトレイラー動画

Unforgiving – A Northern Hymnってこんなゲーム

「Unforgiving – A Northern Hymn」は姉弟がスウェーデン民話の世界に迷い込み脱出を目指すホラーゲームです。

序盤のストーリー

ゲームは主人公の姉リンが弟のルーカスに拉致され、手を縛られたまま車で運ばれる場面から始まる。後部座席に縛られたリンは逃げ出そうと運転手のルーカスの頭を蹴ると車は横転し、2人は真っ暗で不気味な湿地帯に投げ出された。

ゲーム内容

ゲーム画面はFPS視点。ゲーム内容は森の中を探索して奇怪な体験をしながら謎を解いたり、先に進める道を探していくというオーソドックスなタイプのホラゲー。

中盤あたりから北欧神話やスウェーデン民話色が強くなっていきます。オーディンの話が出てきたり、巨人、獣人にそれっぽさがあり、話はリアルなホラーからだんだんとファンタジーホラーに展開していきます。

ゲームの操作

マウスキーボード、ゲームコントローラーどちらでも操作できる

良かった点・微妙だった点

怖さ満点

追いかけられたりドッキリ系もあり、サウンドも雰囲気も良し。ホラゲーとしての怖さは満点。グロもあるのでそこだけ注意。

日本語に対応している

翻訳レベルはかなり低いがほぼ問題なくプレイできる。

あまりに画面が暗すぎる

ホラゲーなので暗いのは当然なのだが、
序盤は弟ルーカスの懐中電灯、終盤はマッチに頼らないと何も見えないぐらい暗い。マッチは有限なので気軽に使えず、無くなると最悪詰む可能性もある。オプションで明るさ調整できるがそれでもかなり画面が暗いゲーム。

Unforgiving – A Northern Hymnをプレイした感想まとめ

Steamのセールで購入し4時間ちょっとでクリア。グラフィックも良いしストーリーもしっかりあってめちゃくちゃ怖いのでホラゲーとしては良いゲームでした。不満点は暗すぎるのと途中何もないところを10分以上歩かされてちょっと退屈な展開があったところかな。短時間でクリアできるホラゲー求めている人にオススメします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。