幽霊列車に乗り込み過去と行き来して消えた友人を救うアドベンチャーゲーム「Re:Turn – One Way Trip」の評価とレビュー

64

Re:Turn – One Way Tripのトレイラー動画

Re:Turn – One Way Tripってこんなゲーム

あらすじ

旅行でキャンプ場に訪れた大学生の男女5人。その夜、主人公のサキは不吉な夢で目が覚め、キャンプにいたはずの友人たちは消えて一人ぼっちになってしまう。

その後、サキは森の中を歩きまわり、友人たちを探していたところに古い列車を見つける。みんながそこにいるかもしれないと思ったサキは中に入ることに・・・というあらすじ。

ゲーム内容

横スクロールのアドベンチャーゲーム。基本的には探索が中心。怪しいところを調べ、アイテムを拾ったり使ったりするゲームです。

列車の中にある数々の謎を解いて過去に遡り、列車の真実を知り、そして友人を救出していきます。

ゲームの操作

マウスのみで操作できる。

良かった点・微妙だった点

ストーリー重視のホラーゲーム

タイムトラベル物のホラゲー。単純に驚かしてくるだけじゃなく、怖さの中にも事実や理由があり、ストーリーがしっかりしていて真実を突き止めていく面白さがあります。

音の演出がすごい

音の演出や音から伝わる雰囲気の作りがすごく良いゲーム。ヘッドフォン推奨です。

日本語に対応している。

翻訳されている日本語も機械翻訳ではなくちゃんとした日本語。

設定ができない

オプション画面的なものがなく、ゲーム内の音や画面の設定がこちらからすることができない。

Re:Turn – One Way Tripをプレイした感想まとめ

Steamのセールで購入し4時間ほどでクリア。怖さはイマイチだがストーリー重視の謎解きアドベンチャーとしてはまぁまぁ面白かった。手短に終われるアドベンチャーゲームがやりたい人にはオススメ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。