繰り返される悪夢の中でトラウマに立ち向かうローグライトアクション「Dreamscaper」のレビュー

64

Dreamscaperのトレイラー動画

Dreamscaperってこんなゲーム

概要

・悪夢の中で自分のトラウマに立ち向かうローグライトアクション。
・アメリカのサンフランシスコに拠点を置くAfterburner Studiosが開発、2021年8月6日にリリース。

あらすじ

「Dreamscaper」は繰り返される悪夢に飛び込み、主人公キャシディの心の深層にある「恐怖」「恨み」「孤独」といったネガティブな感情が生み出した怪物を倒すローグライトアクションゲームです。

本作はアドベンチャーパートとアクションパートに分かれており、昼は街を探索して自身を強化し、夜は夢の中でダンジョンを攻略していくことになります。

最初の難易度はノーマルかハードを選択。1回クリアするとさらに上のナイトメアモードが解禁されます。

アクションパート(夜)

夜のアクションパートでは武器を持ったキャシディを操作してモンスターたちと戦います。最初は1階から始まり、各部屋を回って強化を図りながら下の階を目指します。

攻撃には近接攻撃、遠距離攻撃、ルーシドアタック(魔法攻撃)とあり、魔法は2つまで装備可能。

武器は同じ物でも白 < 青 < 緑 < 紫 < 金とレア度によって付与される能力の数が変わってきます。低層で拾える武器はレベルが低いですが、レア度が高ければエンチャントルームでレベルを強化して最後まで使うという手もあります。

近接攻撃
近接攻撃の後に、キャシディが白く点滅したタイミングでもう一度攻撃するとパーフェクト攻撃となり、ダメージにボーナスがつきます。普通に攻撃を連打するだけでも良いですが、パーフェクトを狙った方が相手により高いダメージを与えられます。近接武器には通常攻撃のほかにサブ攻撃というものもあり、攻撃で相手のガードを崩してくれたりします。

遠距離攻撃
遠距離攻撃にはクナイや水鉄砲などがあり、それぞれ範囲や射程距離が異なります。一回撃つ度にルーシドゲージを消費するので、何回も連続して撃つにはリチャージを待つ必要があります。

魔法攻撃
魔法攻撃は一回使うとクールタイムに入ります。魔法は単体としても強いですが、状態異常や属性を付与するものが多く、「エクスティンギッシュ」という特定の属性にかかった敵に違う属性をかけるとダメージが上がる現象を狙いやすいです。

防御
防御行動はガードと回避、どの盾を装備するか、どのステップを身につけるかによって挙動が変わります。相手の攻撃にタイミングを合わせてガードするとパリィとなりますが、防御するとルーシドゲージが減り、パリィできない攻撃もあり、その後に続いて致命攻撃ができたりするわけではないので、複数の敵相手に戦う機会が多い本作では扱いづらいところがあります。

キープセイク
キープセイク(レリック)を拾うとキャシディの能力が上がったり特殊な能力が身につきます。毒+や吸収+などもあり、装備とのシナジーがハマれば効果が大きくハマらないと役に立たないこともあります。デメリットのある効果はほとんど見られないので積めば積むほどお得感があります。

キープセイクは部屋を攻略する、ショップ、ボスを倒すと手に入ると手に入ることがあります。レベルアップの概念が無いので、キープセイクによる能力の上昇が重要になってきます。

アドベンチャーパート(昼)

アドベンチャーパートでは街の中を自由に行き来し、街の人にプレゼントを送って親睦を深めたり、持ち帰った素材やアイデアからアイテムを開放したり、キャシディの能力を永続強化をします。


自宅で物をクラフトをすることができ、街にいる人に作ったものをプレゼントを送ることで他人→知り合い→友人→親友といった具合で仲良くなっていきます。

夢に入る前に仲良くなったNPCを1人だけ選択すると、その人の特性やら考え方がキャシディに影響を与え、一部の能力が上がります。

公園では瞑想して体力や攻撃力などキャシディの能力を永続強化できます。

ラウンジで空想すると夢の中に出てくる部屋を増やすことができます。

パズル部屋、チャレンジ部屋、エンチャント部屋、回復部屋などなど、最初はアリーナ部屋がほとんどなので大変ですが、部屋をアンロックすることでできることが増えてそのフロアの攻略も楽になっていきます。

カフェでは夢の中でアイデアを元にスケッチをすることができます。

スケッチした武器やキープセクトは以降夢の中で出現するようになります。出現する/しないの切り替えもできます。

ゲームの操作

ゲームコントローラー、マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・シンプルに立ち回ることもできるし、パリィやパーフェクトアタックを狙ってスタイリッシュな立ち回りもできる戦闘
・初期の装備以外は出現する/しないの切り替えができる
・パズル部屋やチャレンジ部屋など変わった部屋もあり飽きない
・綺麗な景色と落ち着いた音楽で癒やされる
・どこからでもファストトラベルができ移動が楽
・部屋に拾えるアイテム有無の表示があり取りこぼすことがない
・日本語対応

微妙だった点

・アンロックするアイテムがどんなものかわかりずらい
・カメラが遠く敵の攻撃が見づらいときがある
・序盤はアイテムの選択肢がほとんど無い

総括

Xbox Game Passでプレイ。12~14時間でノーマルクリア。

ハデスを筆頭に、最近良く見かけるようになった見下ろし型ローグライトアクションの1つ。1、2作やれば食傷気味になるジャンルではあるけれど、他作品と差別化を図ろうとしているところも伺えるので、この手のゲームにやり飽きた人でもやる価値ありだと思います。現実の世界と夢の中がリンクしていて、キャシディが現実で友人たちと仲良くなることで夢の中で強くなり、苦手なものを次々と克服する主人公の成長が描かれているストーリーも良かったです。アクション面はよくある感じで最初は地味なんですが、武器やシナジーを考えられようになってくると面白いです。うまくいくとエクスティンギッシュまで含めると一撃4桁とかとんでもないダメージが出たりして脳がとろけます。序盤は部屋の数が少なくて選択肢も少ないので大変ですが、アンロック要素が豊富で自分の気になるものから開放して攻略していく楽しみもしっかりあります。ハデスが好きだった人、アクションローグライトがやりたい人におすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。