ゲームボーイ風の2Dアクションゲーム「Tiny Dangerous Dungeons」のレビュー

50

Tiny Dangerous Dungeonsのトレイラー動画

Tiny Dangerous Dungeonsってこんなゲーム

概要

・お宝を求めてダンジョンを探検するメトロイドヴァニア風の2Dアクションゲーム。
・フィンランドに拠点を置くAdventure Islandsが開発、2019年3月2日にリリース。

ゲーム内容

「Tiny Dangerous Dungeons」は小さなトレジャーハンターのティミーとなってダンジョンを探検し、隠されたパワーアップアイテムを集めて、奥深くにあるといわれる巨大な宝物を見つける2Dアクションゲームです。


操作はシンプル。最初は歩きとジャンプのみでダンジョンの奥へと進んでいきます。


ダンジョン内には「ナイフ」、「グローブ」、「ブーツ」といったパワーアップアイテムがいくつか用意されていて、それらのアイテムを取ると主人公がスキルを獲得します。

ナイフを投げて敵を倒し、グローブを取れば壁を押せるようになり、ブーツを履けば水の上を歩けるようになって行ける場所がどんどん増えていきます。


女神の像に触れるとライフ回復&セーブ。


鍵をゲットして進むと最後はボス戦。ボスは一体のみで倒すとゲームクリアになります。

ゲームの操作

ゲームコントローラー、マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・懐かしみのあるレトロなデザイン
・アイテムでパワーアップするメトロイドヴァニア風の探索要素
・難易度は高くなく詰まるような場面なし
・コントローラーのフルサポート
・1時間でクリア可能

微妙だった点

・日本語未対応
・ボスが一体のみ
・ボリュームとゲームプレイがあっさりしすぎてちょっと物足りないかも

Tiny Dangerous Dungeonsをプレイした感想まとめ

Itch io版をプレイして50分ほどでクリア。

ダンジョンを行き来してアイテムや鍵を見つけて先に進んでいくシンプルさとゲームボーイ風のグラフィックとBGMが特徴的なアクションゲームです。キャラクターがかわいく、ゲームプレイも期待通りで程良く遊べる感じ。隠し要素はほぼなし、ボスは一体、などボリューム的には少しもの足りず、難易度的にも簡単すぎるので、アクションゲーとしてというより見た目や雰囲気が楽しめそうだと思う人にオススメします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。