8人の超能力者を倒して繰り返される1日を破るFPSアクションゲーム「DEATHLOOP」のレビュー

76

DEATHLOOPのトレイラー動画

DEATHLOOPってこんなゲーム

概要

・ステルス、ハッキング、超能力を駆使して戦うFPSアクションゲーム。
・フランスに拠点を置くArkane Studiosが開発、2021年9月14日にリリース。

ゲーム内容

「DEATHLOOP」は8人の超能力者を倒して繰り返される1日を破るFPSアクションゲームです。

ゲームの舞台となるのは同じ1日をずっとループし続けている島ブラックリーフ島。プレイヤーは島に閉じ込められた記憶の無い男性コルトを操作して島のループを破ることを目指します。

島は研究所、ウプダーム、カールスベイ、フリスタッドロックの4つのエリアに分かれていて、各エリアのミッションを達成することでゲームが進行。

ミッションに突入するごとに朝、昼、午後、夜と時間が進み、1日が経つとその日の朝に戻ります。島のループを破るには、1回のループで島のループを作り出したヴィジョナリーという超能力者を8人倒す必要があるんですが、ヴィジョナリーたちはコルトを警戒していて各エリアに散らばっているため1日では時間が全然足りません。

そこでループのシステムを利用し何度も何度もループして、1日ですべてのヴィジョナリーを始末できるように物に細工したり環境を変えることで普段ヴィジョナリーがいる場所や行動を変化させていきます。

ミッション中は銃火器とスラブ(超能力)を駆使して攻略していきます。

島にいる人たちはループを守りたいと考えている人ばかりなので全員コルトの敵です。ショップとかクラフト要素は無く、銃は倒した敵から奪取。同じ武器でも青<紫<金と色で性能が変わり、ヴィジョナリーを倒す、あるいは特定のミッションによっては高性能の銃が手に入ることがあります。

スラブはヴィジョナリーが持っている固有の超能力で、ロックマンみたいに倒すことで獲得。

一定の時間透明になれるエーテル、攻撃した敵と近くの敵にもダメージを与えるネクサスなどスラブは単体でも強力な能力となっていて、さらに交戦中にランダムで出現する追跡者のジュリアナというヴィジョナリーを倒して手に入るアイテムを使ってアップグレードさせることもできます。ちなみに主人公のコルトは2回やられてもやり直せるリプライズというスラブを初期から持っていて外すことはできません。

銃やスラブはループすると消滅してしまいますが、リドゥムというゲーム内で手に入るポイントを注入して次のループに持ち込むことができます。良い銃やスラブが手に入れて拠点に戻ったらすぐに注入しておくのがおすすめです。

ゲームの操作

ゲームコントローラー、マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・発見した情報でパズルのピースがはまっていく感覚が楽しい謎解きミステリー
・銃、ステルス、スラブ、ハッキングとできることが多くて攻略の自由度が高い
・本編以外にもサブクエスト的なものが豊富にあり、クリア後も遊べる
・デスペナルティがほとんど無く2回まで復活できるので難易度は低め(オンラインモードにすると他プレイヤーが侵入者として現れ難易度が跳ね上がる)
・日本語対応(音声も日本語)

微妙だった点

・エリアが4つしかなく、同じところを何度も攻略するため中盤ぐらいからやることが決まって飽きる
・銃が強く復活もできるのでステルスゲームの割には緊張感が薄い

DEATHLOOPをプレイした感想まとめ

19時間でクリア。

Outer Wilsっぽいミステリー探索にガンアクションと超能力を駆使して戦うのが楽しいFPSです。手探りでヴィジョナリーやループに関する情報を集めてそれが手がかりとなって謎が解けていく瞬間が面白い。ステルスゲームとしてはディスオナードのようなガチガチのステルスを求められるわけではなく(一部のミッション以外は)、ステルスしながら進むと少し楽に攻略できますよ、という程度で普通に銃を撃って進んだ方が爽快で楽しく感じました。見つかることのデメリットが少なく、ステルスゲーとしてはちょっと物足りない。あとは行ける場所が限られていて、エリアが少なくマップが意外と狭い上に繰り返して同じエリアを攻略することになるので中盤あたりから少し倦怠感を感じます。逆に繰り返してやることでマップの理解度が上がって、用意されたギミックを使ってさまざまな攻略方法でクリアできるところが楽しいゲームでもあると思います。FPSアクションゲーム、ループ物のミステリーが好きな人にはおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。