カプセル剤となって患者の人体の中を冒険するアドベンチャーゲーム「Worn thin」の評価とレビュー

37

Worn thinのトレイラー動画

Worn thinってこんなゲーム

ゲーム内容

主人公はこのカプセル剤。目の前には男性患者が横たわっていて、そのまま強制的に患者の口の中に入っていきます。


体の中はこんな感じで口の中、喉、胃へと向かっていきます。基本操作は移動とジャンプのみになります。

胃液に溶かされないように足場を利用して、体のさらに奥深くに進んでいきます。

道は大きく2つあり、間違った道を進むとファンタジーな世界に入り込りこめます。

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

ユニークな死にゲーアドベンチャー

体内で溶かされる薬の運命に抗うゲーム。すぐに終わってしまうためボリュームは無いが、チェックポイント的なものはなく一度死んだら最初からやり直しになるので難易度は高い。

無料でプレイできる

無料でできて課金要素はない。

理不尽なイライラ棒

どこで死んだのか、なぜ死んだのかデスゾーンがわかりづらい。

Worn thinをプレイした感想まとめ

無料だったので1時間ほどやってみた。薬の視点から人の体内を見るという発想は面白かった。中身は理不尽死にゲーなので自分にはあまり合わなかった。ちょっとバカゲー要素もある高難易度アクションゲームがやりたい人にはおすすめ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。