ゼルダライクな弾幕RPG「Archvale」のレビュー

74

Archvaleのトレイラー動画

Archvaleってこんなゲーム

概要

・ゼルダやEnter the Gungeonに影響を受けた弾幕シューティングゲーム。
・各エリアにある神殿を巡って7つの石版を集め、楽園「Arcbale」を目指す。
・イギリスに拠点を置くidoz & phopsが開発、2021年12月3日にリリース。

ゲーム内容


「Archvale」はゼルダライクな弾幕RPGです。

アクションは攻撃、ダッシュ、ボム、回復。攻撃は近接、遠隔、魔法と持つ武器によって変わり、ショートカットを設定して敵によって武器を変えて瞬時に対応するといった戦い方ができます。

敵の攻撃は弾幕タイプが多くてダメージを受けた後の無敵時間はほぼ無いので、体力を一気に持っていかれることがあります。操作は忙しいですが、まずは避けることを一番に集中しながらしっかり攻撃もすることが重要になってきます。

ダッシュは回避付きで便利なアビリティですが、連続で使えるのは3回まで。3秒ほど待てば使用回数が回復していきます。ダッシュ回避したいのに使用回数が無いなんてことが結構あるので、できるだけ素避けして節約するなどダッシュの使いどころにも工夫が必要になってきます。


マップはこんな感じで小部屋を1つずつ潰していくことになります。

エリアが色分けされてわかりやすく、最初からいろんなところに行ける作りになっていますが、エリアによって敵の強さが違うので、きついと感じたら無理せず他のエリアから攻略していくのがおすすめです。


回復の泉では回復の他にファストトラベル地点にもなり、さらにキャラの防御力が上がります。

未探索の部屋をまわって泉を探し、防御力を上げまくると目に見えて受けるダメージが減っていきます。


▼ところどころにある試練をクリアすると特殊効果の付いたバッジなど貴重なアイテムが手に入ります。試練中は攻撃はできず、ひたすら弾幕を避けるとクリア。

▼ゲームの目的はこの石板のようなものを7つ集め、これで世界をつなぐ扉をひらき、先にある楽園「Arcvale」を目指します。

ゲームの操作

ゲームコントローラー、マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・武器が豊富
・実質攻撃とダッシュだけのシンプルなアクション
・部屋が多く探索が楽しい
・探索によってキャラが強化されて難易度は下がるので、弾幕避けが苦手な人でもできる
・日本語対応

微妙だった点

・一回クリアした部屋でも強制戦闘&全滅させるまで出られない
・インベントリと倉庫回りのUIが微妙で終盤からのアイテム整理がきつい

Archvaleをプレイした感想まとめ

Xbox Game Passでプレイ、11時間でクリア。

Enter the Gungeonみたいなゲームですが、よりスピード感がありテンポ良く進められます。ローグライクじゃないのでランダム性はなくコツコツ強化していくRPGタイプ。集中した弾幕避けで刺激もあり、かつ思考を使わない頭を空っぽにしてできるゲームです。キャラの操作性が洗練されていてとても楽しいゲームなので、シューティングアクションゲームが好きな人にはおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。