アクション性の高いダークファンタジーなハクスラ「Victor Vran ARPG」の評価とレビュー

74

Victor Vran ARPGのトレイラー動画

Victor Vran ARPGってこんなゲーム

「Victor Vran ARPG」は高いアクション性とダークファンタジーな世界観が特徴的なハクスラアクションRPGです。

序盤のストーリー

デーモンハンターが悪に滅ぼされ暗黒に包まれた都市「ザゴラビア」。人々はもう一度立ち上がり、デーモンハンターたちが招集されるもザゴラビアから帰って来る者は誰一人としていなかった。そんな中、主人公Victor Vranはカラスの知らせによって親友エイドリアンがザゴラビアにいることを知り、彼もまた死の街へと足を踏み入れた。

ゲーム性

本作ではジャンプや壁ジャンプができアクション性の高い仕様となっている。建物の上に登って探索をし、戦闘では通常攻撃の他にスキルやパワーを使って敵を爽快になぎ倒す。

衣装

Victor Vranのユニークな衣装。種類は限られているがそれぞれ性能に特徴があり、見た目もガラッと変わる。

変性

変成では新しい武器を作成したり強化することができる。同じレアリティの武器を3つ入れてレアリティを1つ格上げした武器を手に入れたり(100%成功するわけではない)、武器にレジェンダリークラスのパワーを3つ入れることによって武器の効果を追加する。
武器の他にもパワーやディスティーカードを変成によって作ることもできる。

ディスティニーカード

ディスティーカードはクリティカル確率上げたりヘルスを上昇させたりと装備してるだけで効果を発揮するパッシブアイテム。
武器との相性を考えて構築するライトなビルドシステムが可能。

やりこみ要素

ステージではそれぞれチャレンジが用意されており探索ややりこみ要素がある。

ヘックスと呼ばれる縛りプレイのようなものを有効化することにより得られる経験値やゴールドを増やすといったこともできる。

ゲームの操作

マウスキーボードでもゲームコントローラーどちらでも操作できる。

良かった点・微妙だった点

アクション性が高いハクスラ

ジャンプ、壁ジャンプができて建物なんかも超えていけて、探索の幅が広く、移動の自由度が高い。見下ろし型のハクスラの中では最もアクション性が高いと思う。敵から逃げるときや探索にも有効。

日本語に対応

音声は英語だが字幕は公式で日本語化されている。

Victor Vran ARPGをプレイした感想まとめ

Steamのセールで購入し10時間ほどでノーマルをクリア。序盤で強力な武器とパワーをゲットし、そこからほとんどの敵を避けて進み最後までいけた。装備次第でゴリ押せる感じがこのゲームの醍醐味かなと思う。他のハクスラでは武器以外にも胴や脚や足や指輪首輪など装備品でインベントリがごちゃごちゃになり途中から整理するのが嫌になってくるが、Victor Vranではほとんど武器しか管理する必要がないのも個人的に良かった。ハクスラゲーとしてなかなか面白いのでオススメ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。