中世の酒場を経営するシミュレーションゲーム「Tavern Master」のレビュー

60

Tavern Masterのトレイラー動画

Tavern Masterってこんなゲーム

概要

・中世の酒場を経営するシミュレーションゲーム。
・セルビアに拠点を置くUntitled Studioが開発、2021年11月16日にリリース。

ゲーム内容

「Tavern Master」は中世の酒場を経営するシミュレーションゲームです。プレイヤーは何もない空き家を酒場に改築、スタッフを雇い、レシピなどを研究して大きな酒場にしていくのが目的のゲームです。


基本的に営業はすべて従業員がやってくれます。

プレイヤーがやることは食事の材料と飲み物の仕入れ、従業員の雇用、客席やカウンターの配置、お店で開くイベントの企画、評判を上げるために装飾品を飾ったりするなどオーナーとしての仕事に徹します。


雇える従業員はバーテンダー、ウェイトレス、コック、研究員、警備員。

雇った従業員は指示をしなくてもそれぞれの持ち場に行って仕事をしてくれます。あとは幸福度だけ注意して、いきなり退職しないように幸福度が低い従業員の給料を上げたりして対応します。


テーブルや椅子を置くと評判がプラスされます。

◯◯の近くに置くとマイナスみたいなことはないので、完全に置き得。たくさん置いて評判を上げましょう。ただし、照明で部屋全体を明るくすることが必要で、暗い場所に通されたお客さんは怒って帰ってしまうことがあります。

▼2階まで建築可能。背の低い壁にしてこんな感じで開放的なオープンテラス風にしてみたり。


▼完全個室にすることもできます。


▼小部屋を作って中にベッドを置けば「ホテル」として認識され、客が寝泊まりするようになります(研究でアンロック)。

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・とても簡単で気軽にできる経営シム
・装飾品や模様替えなどカスタマイズの自由度が高い
・内装はもちろん、壁の種類が多いので外観もそれなりに変えられる
・酒場に飽きたらホテルに改装できる
・日本語対応

微妙だった点

・営業中は従業員たちの働きを見守ることぐらいしかやることがない
・ランダムイベントが泥棒ぐらいしか無く、それも警備員を雇うだけで100%防いでくれるあっさりしたもの

Tavern Masterをプレイした感想まとめ

9時間ほどやってみたインプレッション。

苦労を重ねて安定化するまでの道筋を手探りで見つけるのが醍醐味の経営シムとは異なり、あっさりとした作りの放置系の経営ゲーム。よっぽど変なことをしない限り最初から右肩上がりに勝手に成長していくため、難易度は低め。経営ゲームとしては浅いですが、家具や装飾品の種類が多く、リノベーションできるゲームとしてはなかなか奥深いです。シンプルな経営ゲームがやりたい人にオススメします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。