熱血硬派くにおくんをベースとしたベルトスクロールアクションゲーム「River City Girls」のレビュー

69

River City Girlsのトレイラー動画

River City Girlsってこんなゲーム

概要

・誘拐されたくにおとりきを追う女の子2人のベルトスクロールアクションゲーム。
・くにおくんシリーズの外伝的な位置づけの作品。
・アメリカに拠点を置くWayForwardが開発、2019年9月5日にリリース。

ゲーム内容


「River City Girls」は熱血硬派くにおくんをベースとしたベルトスクロールアクションゲームです。

主人公はSFCで発売された新・熱血硬派くにおたちの挽歌に登場したヒロイン「きょうこ」と「みさこ」。何者かに誘拐されたくにおとりきの行方を追って、友人や街の人から情報を集め、事件の背後にいる者たちと戦いを繰り広げていくという物語となっています。

操作するのはパワータイプのみさこ、スピードタイプのきょうこのどちらかを選択。あとからゲーム内でキャラを変更することが可能です。

攻撃は弱攻撃、強攻撃、技攻撃と方向キーの組み合わせでさまざな必殺技が繰り出せます。

基本攻撃は格闘技がメインですが、街の中に落ちているヨーヨーやボールなどのアイテムを拾ってそのまま武器として攻撃する、といったこともできます。ただ、武器を持っている間は技が使えないという点に注意です。

街では店や施設が立ち並んでいて、そこで自由に買い物することができます。

道場ではマッハパンチやマッハキックなどシリーズでお馴染みの必殺技を購入することができ、必要レベルに達していれば買うだけで即習得。

レストランでは食事をとることで体力を回復することができ、持ち帰りも可能。プレイ中は気づかなかったんですが、食事には体力回復以外にもステータスが永続アップする隠し効果もあるようです。

ショップではアクセサリー類を買うことができます。装備できるアクセサリー2つまでですが、戦闘中に状況を見て付け替えたりもできます。


▼ボスは体力を削ると3段階まで変化して攻撃が激しくなっていきます。


▼2週目からはステータスを引き継ぎ難易度上昇。くにおとりきが選択できるようになります。

ゲームの操作

ゲームコントローラー・マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・ポップで明るい世界観
・技が豊富でコンボが爽快
・漫画仕立ての親しみやすいストーリー
・難易度が易しい(レベル上げができる、回復アイテムを持ち込める、ゲームオーバーでもペナルティが少ないなど)
・日本語対応

微妙だった点

・一部の操作しづらいアクション(方向キー2回押しでダッシュなど)
・ボス戦は相手の攻撃が終わるまでこちらから仕掛けられず、待つ時間が長い
・技やコンボを覚えてもボス戦ではほとんど使えない
・アイテムが拾えないことがある

River City Girlsをプレイした感想まとめ

Xbox Game Passでプレイ。5~6時間でクリア。

アメリカナイズドされたくにおくんですが、キャラや設定は忠実に再現されていてしっかりと原作愛が感じられる作品でした。くにおくんにインスパイアされたゲームはどれも癖が強かったり難易度が異常に高かったりであまり良い印象は無かったんですが、癖があまり無く、難易度も易しい本作はくにおくん系列のゲームの中では比較的遊びやすい部類だと思います。River City Girls2、新・熱血硬派くにおたちの挽歌のリメイクも近々発売されるとのことで、そちらもとても楽しみです。くにおくんシリーズ、ベルトスクロールアクションゲームが好きな人にはオススメします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。