2つの世界を行き来して山の頂上を目指す2Dプラットフォーマー「Joyspring」のレビュー

50

Joyspringのトレイラー動画

Joyspringってこんなゲーム

概要

・願いを叶えるために山に登る2Dプラットフォーマー。
・Celesteのオマージュ作品。
・Studio Heart Engineが開発、2021年8月17日にリリース。

ゲーム内容

「Joyspring」は2つの世界を行き来して山の頂上を目指す2Dプラットフォーマーです。

主人公は自分の身長よりも長いスカーフを巻いた女の子。伝説によると、女の子が登ろうとしている山の頂上には登った者の願いが叶う「ジョイスプリング」なるものが存在するようで、彼女は自分のため、そしてこの世界に住む人達のために険しい山に挑戦します。

アクションは移動とジャンプ。

危険な障害物などを避けて安全な足場に乗り、ゴールを目指します。ステージをクリアすると壁ジャンプやダッシュ、浮遊などのアクションが増えていき、ジャンプからのダッシュ、ダッシュからの浮遊といったように移動がどんどんスタイリッシュになっていきます。セレステにも登場したダッシュの回数を回復する玉があったり、アクションとギミックを利用して進むステージもあり。

本作で最も特徴的なのが、2つの世界を簡単に行き来できるというところ。

もう一方の世界に移動すると、影になっている部分が足場となって現れ、元の世界では行けなかった場所に行けるようになります。

頂上までは50ステージ以上とボリュームがあり、ステージ中は山との会話でストーリーが発展。物語の方もかなり気になる内容になっています。

ゲームの操作

ゲームコントローラー・マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・常に完璧なタイミング、完璧なアクションが求められる高難易度プラットフォーマー
・哲学的で考えさせられるストーリー
・リトライが早い
・無料で遊べる
・無料とは思えないぐらいボリュームがある

微妙だった点

・使用するボタンが多く、操作性が悪い
・日本語非対応

Joyspringをプレイした感想まとめ

見た目もシステムもセレステにそっくりのゲームで、ボリュームがありそこそこ遊べます。世界を変えてギミックや足場の位置を変えるなど一応独自性もあるので、セレステの丸パクリという感じはしません。問題は操作性の方にあり、コントローラーの方がやりやすいのですが、それでもボタンをホールドしながら他のいくつかのボタンを操作するのでかなり難しいです。キーボードだとさらに難しく、壁ジャンプすらできません。セレステを簡単にクリアできるぐらい器用で、さらに高みを目指してやる人向けのゲームになっています。アクションとステージ自体は結構面白いので、やりがいのある2Dプラットフォーマーが好きな人にはおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。