変死した弟の死因について探る一人称視点のホラーゲーム「The Radio Station | 深夜放送」のレビュー

72

The Radio Station | 深夜放送のトレイラー動画

The Radio Station | 深夜放送てこんなゲーム

概要

・ラジオを聞いて弟の死因を探るホラーゲーム。
・日本のどこにでもありそうな田舎の山奥が舞台。
・日本のChilla’s Artが開発、2021年10月31日にリリース。

ゲーム内容

「The Radio Station | 深夜放送」は変死した弟の死因について探る一人称視点のホラーゲームです。

現場は「山奥ラジオ」。名前の通り日本の山奥が舞台となっていて、そこでラジオのDJを務めていた鬼川 将喜(おにかわ まさき)が亡くなったところからゲームが始まります。

主人公は鬼川 治男(おにかわ はるお)。警察に弟が自殺したことを伝えられた治男は、その死因に納得がいかず、自らの足で捜査をすることになります。

今作のマップはオープンワールド風で、広い山奥のエリアを車で移動し、ラジオ局、オーナーの家、ゴミステーションといったロケーションに行って探索。そこからキーアイテムを手に入れ、弟の死についての手がかりを見つけ、変死の原因を明かしていきます。

具体的には、各所に隠されたテープを集めてラジオ局にあるレコーダーで再生し、過去に将喜がラジオで放送したリスナーから寄せられた怖い体験談を聞いて弟の死と接点がないかを調べます。

テープは再生する度に物語が進展。テープを6つ集めて流れのまま進めていくと所持するキーアイテムによってバッドエンドが分岐。テープを7つ集めるとノーマルエンドにたどり着きます。

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・ジャンプスケアは少なめ、ラジオを聞いている間も緊張感があって常に怖い
・舞台が日本なのと一人称視点で没入感がある
・フルボイスで聞き取りやすい声
・3つのエンディングで完結する物語

微妙だった点

・慣れるまで車の運転が難しい
・ボリュームが少ない

The Radio Station | 深夜放送をプレイした感想まとめ

2時間で3つのエンディングクリア。
リリースされてすぐのチラズアート作品はいつもバグに悩まされるんですが、今作はバグや詰まるようなこともなく最後までストレスフリーで遊べました。そして、怖がらせてくるタイミングが素晴らしく、しっかりと怖い。ボリュームは短いですが、値段分は遊べたかなと思います。最近やったホラゲーは結末が曖昧なものばかりだったので、物語ちゃんと完結するところも良かったです。短いホラゲーがやりたい人におすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。