動物たちを場に出して相手と戦うデッキ構築型のローグライクゲーム「Inscryption」のレビュー

88

Inscryptionのトレイラー動画

Inscryptionってこんなゲーム

概要

・動物たちを場に出して相手と戦うデッキ構築型のローグライクゲーム。
・Pony Islandの制作者が贈る最新作。
・カナダ人のDaniel Mullinsがほぼ1人で制作、2021年10月20日にリリース。

ゲーム内容

「Inscryption」はデッキ構築型のローグライクカードゲームです。カードの絵柄は森の動物たちがモチーフとなっていて、場に出した味方の動物を生け贄に捧げ、さらに強い動物を場に出して相手と戦うというのが特徴です。

小屋で目覚めた主人公はさまざなお面を持つ謎の男と命をかけたカード対戦を始めます。

カードゲームの仕様は交互に行動するターン制の対戦型。ターンの始めにリスのカードかデッキから一枚引き、場にカードを出すとターンの終了後に攻撃を仕掛けます。このとき対面に相手のカードがあればそのカードにダメージを与え、無ければ相手の本体にダメージを与えます。

本体の体力は天秤にかけられ、ダメージが入る度に重りをのせられていき、お互いが所持している5つ分の体力を奪い合います。

そして本作には脱出ゲームのような側面もあり、いつでも席を立って部屋の中を探索することができます。

怪しげなダイヤル式の金庫、血塗られたルールブック、針が動かせる時計など明らかに何かあるなと思わせるオブジェクトが置かれていて、カードゲームで遊びながらこれら部屋の秘密を解き明かしていきます。

と、ここまでが超序盤の部分です。ここから先はネタバレになってしまうのでここまでにしておきます。

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・ストーリー・謎解きが斬新
・カードゲームとしてもしっかりした作りになっていてちゃんと勝つ必要がある
・カードに描かれた動物が喋りだすなどキャラクターの個性が強烈
・続々と起こる予測不可能な展開
・ヒントが自然で適度に導いてくれる
・日本語対応

微妙だった点

・テキストが自動送りのため重要なヒントを見逃すことがある
・強制負けイベントがいくつかある

Inscryptionをプレイした感想まとめ

14時間でクリア。

過去にやったことがあるPony Islandはわけがわからず投げてしまったんですが、今作は個人的にはかなり面白かったです。ここ最近やったゲームの中では一番衝撃を受けました。ほぼ一人で作られたそうですが、細部までよく作り込まれています。ローグライクカードゲームなので多少繰り返したりはありますが、どちらかというと1度きりの体験を楽しむゲームなのでSlay the SpireやHearthstoneのように100時間以上遊べるようなカードゲームを求めてる人には合わないかもしれません。やり直したときにオリジナルのカードが作れたり、道中の合成で壊れた性能のカードを作り出せるので難易度的には難しくなく、謎解きの方も自然と先に導いてくれるとても親切な仕様です。エッジの効いたゲーム、刺激の強いゲームがやりたい人にはおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。