日本の村落にまつわる恐ろしい都市伝説を題材にしたホラーアドベンチャーゲーム「犬鳴村 ~残響~」のレビュー

62

犬鳴村 ~残響~のトレイラー動画

犬鳴村 ~残響~ってこんなゲーム

概要

・福岡県の旧犬鳴トンネルと犬鳴村を題材にしたホラーゲーム。
・スマホゲームの移植作品。
・日本のFLAME Hearts Co.,Ltd.が開発、2021年10月21日にリリース。

ゲーム内容

「犬鳴村 ~残響~」は日本の村落にまつわる恐ろしい都市伝説を題材にしたホラーアドベンチャーゲームです。

舞台となるのは心霊スポットとしても有名な福岡県の旧犬鳴トンネル近くにあったとされる「犬鳴村」。ここでは日本の法治が及ばず、現在でも怪奇現象や都市伝説の噂が絶えず、一度入ったら二度と出ることができない村、として知られている場所です。

操作するのは6人の主人公。ある者は弟を探すため、そしてある者は美女を求めて、各々目的を持って犬鳴村を目指すことになります。

主人公たちは一緒に行動するわけではなく、それぞれ独立した物語があり、犬鳴村に着いてイベントが終わると次の主人公の物語に移っていくという感じです。

主人公たちの物語は犬鳴トンネルの近くにある電話ボックスから展開されます。

ここで深夜2時にかかってくる電話を取ると犬鳴村への道が開かれて奥に行くことができるようになります。探索はポイント&クリック形式となっていて、怪しい場所を調べたりアイテムを使って進むことになります。また、アイテムは組み合わせることで、新たに役立つアイテムが手に入ることもあります。

一通り6人の物語が終わると今度は見落としたイベントを回収して、真のエンディングを目指します。ちなみにエンディングは50以上あるとのことで、ボリュームも結構あります。

ゲームの操作

マウスで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・都市伝説・怪談好きにはちょうどいい内容
・話の展開が早くてダレない
・それぞれの主人公の個性が強く、同じような場面でも全く違う反応を見せるのが面白い
・BADENDになってもすぐ直前からやり直せるのでテンポが良い

微妙だった点

・スマホ操作前提で作られているため、操作感がいまいち良くない
・フルスクリーン強制的
・オプションなどからゲームを落とすことができない

犬鳴村 ~残響~をプレイした感想まとめ

3時間ほどやって一通りクリア。真エンドは未クリア。

雰囲気はチラズアート作品のような和風レトロホラーですが、中身は探索して物語を読み進めるタイプのポイント&クリックゲーム。話のテンポが良く、キャラの個性が強烈で、読む手が止まらないゲームでした。少しスマホ感のある操作性が気になるところですが、怪談や心霊スポットを調べたりするのが好きな人にはおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。