ウイニングイレブンの最新作「eFootball 2022」 のレビュー

30

eFootball 2022のトレイラー動画

eFootball 2022ってこんなゲーム

概要

・ウイイレの最新作。
・コナミが開発、2021年9月30日にリリースされた基本無料のサッカーゲーム。

ゲーム内容


「eFootball 2022」はコナミのウイニングイレブンシリーズの実質最新作。

制作プラットフォームをメタルギアソリッドなどの名作を生み出した小島監督らが開発したFOXエンジンからUnreal Engineに変え、タイトルも一新されたサッカーゲームです。

現在遊べるモードはCPU戦の「マッチ」とオンライン対人マッチの「Worldwide Clubs」の2つのみ。

今秋にはオリジナルチームを作り上げて他プレイヤーと対戦できる「クリエイティブ」モードも実装される予定です。

試合は概ねいつものウイイレという感じです。

ただちょっと気になるのが選手の挙動が微妙なのと操作が難しくなっているということ。パスだけ見ても、パススピードが遅くて味方に通しづらく、パスワークから相手を崩すことができない、意図されたパスミスで敵の真正面にパスが飛んでいったりとなかなか思い通りに動いてくれません。

味方AIはパスカットぐらいはやってくれますが、プレスをかけたり裏抜けするような指示ができないため攻守共にチグハグ。そこに動きのもっさり感が拍車をかけて試合中はちょっとイライラさせられるところがあります。

最初の1試合はチュートリアルになっているんですが、移動以外の操作方法は教えてくれません。

初心者が練習できるトレーニングモード的なものがあればいいんですが、現在実装されているトレーニングモードではイニエスタとピケがサッカーの練習をしている映像が写し出されるだけです。

「Worldwide Clubs」はマンチェスターユナイテッド、FCバルセロナやJリーグなどから1チーム選んでオンラインでマッチしてミッションを達成していくモードです。

ここで選んだチームはシーズンが終わるまで変えられないので注意したいところです。ここは選ぶ前に説明が欲しかった。

オンラインマッチはまだまだ不安定で、一番ひどかった試合は0-0で前半を折り返した後、突然ロード画面が入り、しばらくした後に対戦相手との接続が切れました。これだけならマルチゲーによくあることだしまだ良かったんですが、その後に試合結果を見たら3-0で負けたことになっていて、かなりモヤモヤさせられました。

ゲームの操作

ゲームコントローラーで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・試合がそこそこ楽しい(こちらも相手チームも動きがぎこちなく、今だけしか味わえない試合感がある)
・グラフィックはそこそこ良い(バグは多い)
・無料で遊べる

微妙だった点

・コンテンツが少なくて試合以外にやることが無い
・全体的にUI、メニュー画面が扱いづらい
・味方AIの挙動が微妙で指示ができない
・オンラインマッチが不安定
・ショートパスがドリブルするのと変わらないぐらい遅い

eFootball 2022をプレイした感想まとめ

現在Steamの好評率は9%となっていて、5万本ほど配信されているSteamのゲームの中で最も低い評価を受けています。ちなみに2位のFlatout 3: Chaos & Destructionが15%。2位にも圧倒的な差をつけてのワースト評価です。選手たちの顔が歪んだり身体があらぬ方向に曲がるなどのバグが多く、Steamには「ホラー」のタグがつけられるなど炎上していますが、それでもこれまでのウイイレを作ってきた開発なので、UIやバグなどの問題があってもサッカーの試合の部分やプレイイングの部分はしっかり作られているはず、と思ってやってみたんですが、そこもダメダメでした。ちゃんとしたサッカーゲームならもう一つFIFAもあるんですが、FIFAはガチャが凶悪で1つチーム作るだけでもウイイレとは比較にならないほどお金がかかりすぎるので、efootballには頑張って欲しいところです。問題点が改善されて良いゲームになってくれることに期待したいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。