カードデッキを構築して迫りくるモンスターを倒すタワーディフェンス「Crazy Defense Heroes」の評価とレビュー

60

Crazy Defense Heroesのトレイラー動画

Crazy Defense Heroesってこんなゲーム

ゲーム内容

最初はステージ選択から。ステージは現在22面までしかありません。

ステージを選択すると準備画面に移ります。準備画面ではスロットに使用したいカードをはめていきます。戦闘中はこのスロットにあるカードしか使うことができません。スロット枠はレベルが上がると開放されていきます。

カードはヒーロー、タワー、スペルの3タイプあり、ヒーローは敵の進路に自由に配置でき、そのあとも自由に移動して敵を攻撃します。タワーはあらかじめ配置できる場所が限られています。スペルはプレイヤー自らが敵に攻撃できる魔法になります。

戦闘が始まるとモンスターたちが自軍にあるハートをめがけて進行してくるので、マナを消費してタワーやヒーローを配置してハートを守ります。

敵を倒すとマナが手に入り、新たなタワーを配置したり、アップグレードすることができます。

敵を全滅させるとステージクリア。クリアするとヒーローを強化できる素材がもらえ、初回クリアなら宝箱ももらえたりします。

宝箱は所謂ガチャ。ルーレットでランダムにカードが1枚手に入ります。

良かった点・微妙だった点

種類豊富なカードを駆使して自由に攻略できるタワーディフェンス

カードは90種あるそうなので自分だけの唯一無二のデッキが作れる。タワーディフェンスはタワーの種類が少なくて攻略性が乏しいものが多いが、このゲームでは割りと攻略性に自由度がある。

日本語に対応している

香港産のゲームだが、日本語対応。

無料でプレイできる

課金しなくてもストーリーはさくさく進められる。

コンテンツ不足

ステージがまだ少なく、1時間でストーリーが終わる。クランやイベントの表示はあるが、まだ未実装。

PCに最適化されていない

元々スマホゲーでそのまま移植された感じのゲーム。窓化ができない、ゲーム内でゲームが終了できないなどの問題点がある。

Crazy Defense Heroesをプレイした感想まとめ

無料だったので3時間ほどプレイ。ガチャに行動制限にログインボーナスとまぁよくあるスマホゲームの中の一つかなという印象。中身は普通のタワーディフェンスなので無料でもそこそこ楽しいけど、これからコンテンツが増えると無料では進めなくなって課金の沼になるんだろうなと思う。タワーディフェンス好きな人で課金に抵抗ない人ならオススメできるかな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。