闇に紛れて敵を討つ忍者ステルスアクションゲーム「Aragami 2」のレビュー

67

Aragami 2のトレイラー動画

Aragami 2ってこんなゲーム

概要

・闇に溶け込んで敵を討つ3Dステルスアクションゲーム。
・スペインのバルセロナに拠点を置くLince Worksが開発、2021年9月17日にリリース。

あらすじ


主人公は影の力を自在に操る忍者「アラガミ」。

舞台となる羅生門の谷では謎の呪いが蔓延し、「赤土」と呼ばれる勢力が火の力を使って森を焼き、捕らえた人々を奴隷にするなど旁若無人に振る舞っていた。アラガミは羅生門の谷の守り手となり、赤土を打ち倒し、人々を狂わせている呪いから葉隠村を守ることが目的となります。

ゲーム内容


葉隠村の掲示板で任務を受けその任務を達成していく、というのがゲームの流れになります。

任務の内容はまず赤土の拠点に忍び込み、そこから暗殺、拉致、救出、情報収集、物資破壊などを遂行します。さまざまなタスクをこなして最後に脱出できれば任務達成です。

救出や拉致は人を担いでの脱出になるので、ダッシュしたり忍ぶことができず、ちょっとだけ難易度が上がります。一度クリアした任務は何度でも受けることができ、後から経験値やお金を稼いだり、設計図を探すことができます。


操作は移動、ダッシュ、しゃがみ、ジャンプ、二段ジャンプ、攻撃、防御。

あとは回復薬や手裏剣などのアイテムを使用したり、高い場所にテレポートするシャドーリープ、敵を透視するシャドービジョンという技も使えます。しゃがむと敵に見つかりづらく、立っていたり、ダッシュすると見つかりやすくなります。


敵は雑魚敵でも結構強いので、まともに戦うのは避けて見つからないように進むか、暗殺していくのが基本になる感じです。

敵に見つかってない状態で近づくと暗殺か気絶どちらかを選択できます。なので、すべての敵を暗殺して倒すこともできれば、不殺を貫くといったプレイスタイルをとることもできます。

葉隠村には道場や鍛冶屋といった施設があり、ここで新たにアラガミの影の力を開放したり、アイテムや装備品をクラフトすることができます。


▼道場ではレベルアップで獲得した技能ポイントを使用して、常時発動技能・基本ステータスアップ・2人いっぺんに暗殺する、分身する、などの影の力を覚えられます。


▼防具や紋章のクラフトにはマップに隠された設計図が必要。

ゲームの操作

ゲームコントローラー・マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・ステルスアクションが爽快
・影の力、アビリティが豊富
・3人まで協力プレイが可能(ソロでも問題なし)
・日本語対応(Xbox Game Passでは日本語あり、Steamでは日本語非対応)

微妙だった点

・多すぎるバグ
・ステージの使い回しが多い
・シングルでもオンライン仕様(一時停止できなかったり、すぐにステージをやり直せなかったり)
・大味なゲームバランス(ステルスゲームなのに、ごり押しで簡単にクリアできる。見つかっても高いところに登ればあっさり追跡が切れるところなど)

Aragami 2をプレイした感想まとめ

Xbox Game Passで6時間プレイしてみたインプレッション。
最初の2時間ぐらいはめちゃくちゃ楽しいんですが、ステージの使い回しと任務がどれも同じような内容でだんだんと飽きてきます。あとはバグが多くて、よくRTAなどで見かける地面や壁を抜けるグリッチ(裏世界に行くバグ)状態になることがよくありました。6時間やって5回遭遇して、元に戻ることもあれば、ステージをやり直すはめになることもあります。分身や手裏剣、その場のギミックを生かして相手を倒す忍者らしいアクションとステルスアクションの相性が良く、ゲーム自体はすごく楽しいです。今後バグ修正や細かい調整が入ればおすすめできるゲームです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。