華麗なアクションが魅力的な東洋ファンタジーMMO「MIR4」のレビュー

50

MIR4のトレイラー動画

MIR4ってこんなゲーム

概要

・華麗なアクションが魅力的な東洋ファンタジーRPG。
・ゲームをしながら仮想通貨が稼げるのが特徴。
・韓国に拠点を置くWemade Nextが開発、2021年8月25日にリリース。

ゲーム内容

「MIR4」はMIRシリーズの最新作MMOです。


▼竜の力を持つ千波姫。この姫を守ることが主人公たちの目的。


▼千波姫を狙う黒幻霊。この世界のワイルドハント。

舞台はMIRという大陸。
ストーリーは一言で言うと「韓国版のウィッチャー3」。
老師サルマンティとその弟子たちが竜の力を持つ千波姫を助け、龍の力を求める黒龍とそのしもべの黒幻霊たちと戦うという王道RPGとなっている。主人公はその弟子の1人となって、攫われた姫を奪い返し、病を治し、さまざまな事件に巻き込まれていきます。

主人公の職業は戦士、武士、道士、法師の4つの中から選択。

戦士と武士は男キャラ。道士と法師は女キャラで固定です。物理攻撃に魔法攻撃と隙がない上、回復もできる道士。攻守ともに優れた能力を持ち、ソロでも安定して戦え、パーティではタンクとして活躍できる戦士など職業によって戦闘スタイルが異なります。

操作はWASDで移動、クリックでインタラクト。スキルは右下のアイコンから選択します。

こんな感じで自分で操作しても良いんですが、本作はキャラクターの操作を自動でやってくれる機能が備えられていて、クエストをポチッと押すだけでなんでも自動でやってくれます。あとは、キャラが勝手に動き、目的地まで自動移動。敵を討伐するクエストなら戦闘も自動で、かっこいいスキルを使って次々に敵を倒してくれます。

戦闘設定からは、自動戦闘の範囲やスキルの頻度、ポーションの使用など自由に設定でき、自動戦闘中のキャラの挙動を制御することが可能。

採集や採掘もそのポイントが枯れるまで自動でやってくれます。

フィールドには他のプレイヤーもいますが、収集ポイントが多く、敵のリポップも早いため、取り合いになることは殆どありません。ただし、黒鉄という素材は終盤の強化で大量に消費するほか、DRACOという仮想通貨に変えられるということもあり、黒鉄の狩場は熾烈な争いが行われているそうです。黒鉄の換金率は約10万黒鉄=1DRACO=約100円。黒鉄を10万集めるのに半日~数日かかるので、お金稼ぎとしてやるにはちょっと厳しい感じです。

戦闘能力値が上がるとクエストが開放されていき、できることがどんどん増えていきます。

植物を収集して体質を強化したり、フィールドに修行できるポイントで真気を上げてスキル強化したりすることで戦闘能力を上げることができます。他にも強化要素はここでは書ききれないぐらいたくさんあり、戦闘だけじゃなく収集や修行なんでも主人公の強化に繋がっていくのが面白い点です。

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・ストーリがしっかりとあり、クエストも豊富
・ほとんどマウスクリックのみの簡単操作
・片手間でできる放置ゲーム
・アクションがかっこいい
・お金が稼げる
・日本語対応(音声は韓国語)
・基本無料ゲーム

微妙だった点

・完全放置はできない
・全体チャットが消せない
・強化システムが少し複雑
・日本人がいない
・アップデートでセーブデータが消えた

MIR4をプレイした感想まとめ

9時間ほどプレイしてみたインプレッション。
最近、Steamの同接ランキング上位にずっとあったので気になってやってみました。
普通にゲームを楽しんでいる人もたくさんいるんですが、ゲーム内でマイニングしている人が多くて、同接数が多いのも納得。ブロックチェーン技術を用いた新しい試みで、ゲーム内でお金が稼げるシステムはすごく面白いなーと思いました。ただ、細かいところで手動になったりするのがちょっと面倒。あと宣伝チャットがずっと流れ続けているのも嫌でしたね。これは今後改善してほしいところです。ほとんど操作がいらないので、数分間放置できるゲームがやりたい人にはおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。