基地を守ってエイリアンの大群を撃退するタワーディフェンスゲーム「Defense Grid: The Awakening」のレビュー

80

Defense Grid: The Awakeningのトレイラー動画

Defense Grid: The Awakeningってこんなゲーム

「Defense Grid: The Awakening」は基地を守ってエイリアンの大群を撃退するタワーディフェンスゲームです。

ゲーム内容

地球人が入植していた惑星。そこに突然エイリアンが現れ始め、各拠点が侵攻されてしまうというストーリー。

プレイヤーは基地に防御タワーを建てて、パワーコアを狙って侵入してくるエイリアンを撃退します。他のタワーディフェンスと違うのは、敵がコアにたどり着いてもコアは減らず、敵がその後、敵陣に戻る前に倒すことができれば、コアを取り戻すことができます。

雑魚敵ならコア1個、ボス級には複数のコアを奪われる。コアが全て奪われたらゲームオーバー。

操作はタワーの建設のほかに、Fキーで早送り、Backspaceキーでちょっとだけ時間を戻すことが可能です。

エイリアンを撃退するためにタワーを建設。

敵を倒すことでリソースをゲット。このリソースを消費してタワーを建てたり、アップグレードすることができます。

タワーには万能タイプのガン、じわじわHPを削るレーザー、範囲攻撃のインフェルノ、飛行タイプのエイリアンを落とすミサイルなど10種類のタワーが用意されている。

気をつけたいのは射線にタワーがあると攻撃してくれないことがあるところ。タワーの配置には自分が建てた他のタワーにも注意して建てる必要があります。

あとはコアとリソースは5秒毎に利息収入が入るので、無駄なタワーは建てないほうが後々有利に戦うことができます。

ぱっと見は見下ろし視点のゲームなんですが、3Dになっているのでカメラを寄せるとより生々しいエイリアンの姿と戦闘の様子を見ることができます。

エイリアンをクリックすると弱点などが表示されて、どんな敵なのか情報を見ることができる。

シールドを張ったエイリアン、固くてHPが多いボスタイプ、空から来るエイリアン、ステルスタイプのエイリアンなどさまざまなタイプのエイリアンがいるので、手に入れた情報を見ながら対応できるタワーを建てていく感じです。

ステージは全部で20。クリアしたスコアでゴールド、シルバー、ブロンズと評価が変わる。マップにはストーリーモードの他にタワーの制限やエイリアンを強くしたりする縛りモードもあり、同じステージでも繰り返し何度でも遊べる仕様になっています。

 

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

無駄のないシンプルなタワーディフェンス

オーソドックスなタワーディフェンスゲーム。10種類あるタワーは役割がはっきりと異なるので、どれも活躍できる場面がしっかりと用意されているのが良かった。あとはプレイヤーが操作の操作が忙しくなく、タワーの建設やアップグレードだけに集中できることも良い。じっくり考えながら楽しめます。

日本語化することができる

公式に日本語は対応していないが、日本語化することは可能。日本語化するまでの手順は少しだけ複雑。

難易度を上げるとバランスが悪くなる

タワーディフェンスあるあるだけれど、難易度を難しくすると最適解を探すだけのパズルゲームっぽくなる。いろんな戦略を試したい人には不向き。

Defense Grid: The Awakeningをプレイした感想まとめ

7時間やってみた感想。

古いゲームだけど操作に問題はなく、今やってもめっちゃ面白いゲームです。日本語化もでき、ほとんど不満なく遊べました。最近のタワーディフェンスだとちょっと操作が忙しかったり、強化要素が複雑になりすぎていたりするので、まったりと遊びたいタワーディフェンス好きな人にはオススメ。

Defense Grid: The Awakeningのストアページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。