モンスターが住み着いた深海刑務所から脱出するホラーゲーム「Underwater」のレビュー

53

Underwaterってこんなゲーム

「Underwater」はモンスターが住み着いた深海刑務所から脱出するホラーゲームです。

ゲーム内容


舞台は世界のどこかにあるかもしれないとある深海刑務所。
外の世界から完全に隔離されたこの刑務所でキッチン、ロビー、警備室などの部屋をまわって脱出するための鍵やコードを探す、わりとよくある探索型のホラーゲーム。


ゲーム開始時に主人公は気を失っていて、意識を取り戻すと部屋や廊下には職員たちの死体が転がっている状態。死体の側に置いてあるノートを読んでここで何が起こったのかを知り、脱出方法を探っていきます。


まずは暗証番号を解除して通るタイプのドアを開けるために発電機を直す必要があるんですが、モンスターたちがこれを阻みます。

現れるモンスターは全部で3体。
1体目は巨大な体を動かしてゆっくりと移動してくるパワータイプのモンスター。2体目は目線を外すと襲いかかってくるモンスター。3体目は主人公を見かけるとひたすら追いかけてくるモンスター。

こちらから攻撃する手段はなく、先に進むにはこれらのモンスターの攻撃を避ける必要がある。


モンスターたちから逃げて発電機を直し、脱出口のコードを入力できればゲームクリア。マップはそれほど広くないので、30分あればクリア可能なボリュームです。

ゲームの操作

マウスでキーボードで操作することができます。

良かった点・微妙だった点

未知の生物から追いかけられる恐怖のホラーゲーム

どっきり系ではなく、追いかけてくるモンスターを振り切って逃げるタイプのホラーゲーム。3体のモンスターが個性的で、対処の仕方も変わってくるのが怖いし面白い。

雰囲気○

グラフィックと音楽が良い。モンスターが近づいてくると音楽が大きくなり、恐怖心が煽られる。

短時間でクリアできる

30分でクリア可能。

モンスターの挙動が微妙

音楽や雰囲気は怖いけれど、廊下でつっかえたり、突然立ち止まったりするモンスターの滑稽な動きを見ると拍子抜けする。

海の描写が無い

海底ホラーだけどずっと密封された場所にいるので、海の中にいる感じが全然しない。海中っていう設定は後付けの設定なんじゃないかと疑ってしまうほど。せめてSOMAやバイオショックみたいに建物の中から海が見えたりする描写が欲しかった。

Underwaterをプレイした感想まとめ

30分でクリア。
安いホラーゲームとしては可もなく不可もなく、200円ならこんなもんかなと納得できるレベル。ドッキリ要素はほとんどないので苦手な人でも安心してできます。逆に追いかけられたりするホラーゲームが苦手な人にはきついかもしれません。安くて短時間でクリアできるホラーゲームがやりたい人にはオススメします。

Underwaterのストアページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。