「8番出口」紹介レビュー 無限に続く地下通路からの脱出を目指すホラーゲーム

7

KOTAKE CREATEが制作した
脱出ホラーゲーム

プレイヤーは地下通路に閉じ込められた主人公となって
8番出口からの脱出を目指す

舞台は前に進んでも、後ろに戻っても同じ通路が無限に続く地下通路となっており、

通路をよく観察して

・異変がなければ前に進む
・異変があれば後ろに戻る

と異変がないか「間違い探し」をしながら
正解だと思う通路を選んで進んでいく。

異変が起こるのはこの短い通路。

異変って何だ・・・
と最初は戸惑うかもしれないが

見れば一瞬で「異変だっ!」と気づくくらい
明らかに違和感があるものばかりでわかりやすい。

大事なのは観察力。異変は全部で30種類ほどあるので、天井から床までをよく観察し、いつもと違う変化を見逃さないように進んでいこう。

選んだ道が正解ならば
この標識の数字が増えていく。

正解が8回続くと8番出口の階段が出てクリア
間違うと0番出口からのやり直しだ。

異変自体はそんなに怖くないので
ホラー度としては低め

ただし襲ってくるタイプの異変もあって
油断しているとゲームオーバーになることも。

異変がない方が怖い思いをしなくて済むのだが、なかったらなかったで「このまま進んで本当に大丈夫だろうか」と不安にさせられる。

異変に遭遇した方が実は安心して次に進める
というのが脱出系のホラーとしては不思議で面白いバランスだった。

◆総評

ちょっとした非日常感を体験できるゲーム。
470円と安く、値段的にも満足できる作品だった。

動画配信などで特に人気だが、一人でやってもドキドキできるし、友達と間違いを探しながらやるのも楽しいと思う。おすすめ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です