海軍に追われながら七つの海を冒険する海賊アクションRPG「King of Seas」のレビュー

54

King of Seasのトレイラー動画

King of Seasってこんなゲーム

あらすじ

舞台は海の王国キングズ・フォートレス。主人公はこの王国の王であるアレキサンダーの息子/娘であり、成人の式を翌日に控えていた。しかしその晩、王は何者かによって暗殺され、あろうことかその容疑は主人公にかかってしまう。

王国の海軍から命からがら逃げのびた主人公は通りがかった海賊に助けられ、その後は自らも海賊の道を歩むことに。

ゲーム内容

最初は主人公として王子か王女のどちらかを選びます。2人は兄妹で、選ばれた方が正式な王位継承者として扱われます。ストーリーやステータスに変わりはないので、見た目で選んで大丈夫です。

船の操縦は3つの帆を開いたり閉じたりしながらスピードを調節して移動します。うまくスピードに乗れないときは、風向きも利用してみましょう。

左下にある3つのライフゲージは船体、帆、船員の耐久力を表しています。帆は攻撃を受けると減速し、船員は大砲の効率に影響、船体の耐久力がなくなれば船が沈みゲームオーバーとなります。空腹やのどの渇きといったサバイバル要素はありません。

戦闘

戦闘は画面が切り替わらないシームレス方式。移動している船に攻撃を仕掛ければ、敵も攻撃しかえしてきてバトルが始まります。海賊として名声が上がってくると、敵から攻撃を仕掛けられることも増えてきます。

攻撃は船の側面に備え付けられた大砲を撃ちます。ロックオン機能とかはないので、目測で距離や角度を確認しながら撃っていきます。そのほかにもアビリティを持っていれば、それで攻撃することもできます。

強化要素

ある程度ストーリーが進んでくると本拠地で船を買うことができます。魔法や幽霊船などファンタジックな世界観ですが、船は「ガレオン船」「フリゲート船」など実在するものが使われています。

才能というタブから主人公の能力を上げることができます。航行、戦闘、ブードゥーの3つのスキルツリーがあり、航行は移動速度を上昇系、戦闘はダメージ上昇系とそのままなのでわかりやすいですが、ブードゥーはちょっと特殊で攻撃の一部を耐久力に変換したり、魔法の抵抗値を上げたりするスキルが覚えられます。

ゲームの操作

キーボードで操作することもできますが、ゲームコントローラーの使用が推奨されています。

良かった点・微妙だった点

なんでもできる海賊ゲー

略奪、探索、宝探し、釣りなど海賊ゲーとしてやりたいことはとりあえずなんでもできる感じです。マップはそれなりに広く、冒険感があって楽しい。

魔法が使えると楽しくなる戦闘

最初は当てずらい大砲でチマチマ攻撃するしかないが、魔法で攻撃できるようになると一気に地味さが解消されて楽しくなります。

日本語に対応している

日本語対応。完璧ではないけれど機械翻訳でもなく、普通に遊ぶ分には問題なし。

クエストのバリエーションが少ない

メインとサブクエストの内容をおおまかに分けると、〇〇を倒す、〇〇を持っていくの2種類しかなくてすぐに飽きる。

交易品がどこも同じ

どの街も売っているものが同じで交易の楽しみは少ない。探索してその辺のへんの物を拾って行く方がうまい。

扱いずらいUI

アイテムを選択するときは時計の針のようにスロットぐるぐるまわして決定する仕様で、単純にめちゃくちゃやりずらい。地図を買ってもマップが見にくい、クエストが1つしか表示されない、いちいちメニューに戻って確認することが多いなどやっていてストレスになるUI。

King of Seasをプレイした感想まとめ

8時間ほどプレイした感想。

いろいろできることは多いのに、イマイチ面白くならなかった海賊ゲーム。同時期に出た大航海時代Ⅳの方が交易は面白いと思います。ファンタジーな海賊ゲームがやりたい人にはオススメします。

King of Seasのストアページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。