戦車を操作して他国の侵攻を食い止めるシューティングゲーム「Heavy Weapon Deluxe」の紹介レビュー

58

Heavy Weapon Deluxeのトレイラー動画

Heavy Weapon Deluxeってこんなゲーム

ゲーム内容

2006年8月30日にアメリカのPopCap Games, Inc.からリリースされたアーケードスタイルのアクションシューティング。

◆ゲームプレイ
核兵器を積んだ連合国の最終兵器戦車「ATOMIC TANK」を操作して赤旗を掲げる枢軸国の侵攻を食い止めるシューティングゲーム。

画面に次々と現れる戦車や戦闘機を撃ち落としていき、最後にボスを倒すとステージクリア。

ゲーム内には2つのモードがあり、ミッションモードでは19のステージをクリアしていく。

PS2/X BOX版は左スティックで戦車を操作し、右スティックでカーソル移動だったが、Steam版はコントローラーには対応しておらずマウスだけで戦車とカーソル両方を操作する。

照準カーソルを動かすと自戦車が追従して動き、クリックで射撃。

こちらの攻撃で相手のミサイルも撃ち落とすことができ、攻撃と移動でうまく弾を避けていくのが本作の主なアクションとなる。

絶体絶命のピンチの際には右クリックで核攻撃すると一時的に救われる。
核攻撃は敵全体に攻撃するだけでなく、敵の攻撃も消滅するため緊急回避としても使える。むしろ回避がメイン。

空には戦闘機の他に味方の白ヘリが飛んでくることがあり、核兵器やシールドやスピードアップするアイテムを落としてくれる。

できれば白ヘリは撃たないようにしよう。

ステージクリア後は、武器を新たに1つ獲得。

前述したようにカーソルと自機が同じ方向に移動する仕様のために戦車など倒しにくい敵が出てくる。この対策としてカーソルで狙う必要がないホーミングミサイルやライトニングがあると頼もしいかもしれない。

 

◆総評
58/100

弾幕系ではないけれど難易度は高く、敵の種類は豊富で倒す優先順位なんかにも気を使いながら、全てなぎ倒していくシューティング。アーケードタイプでテンポ良く進み、使う武器によってプレイ感ががらっと変わるのも楽しい。コンソール版と比べると操作に一癖あり、Co-opが排除されたのは残念ですが、ゲーム自体はシンプルであまり小難しくないのでおすすめ。

ゲームの操作

ゲームコントローラー、マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・戦車の大砲で敵を撃ち落としまくるシンプルシューティング
・敵の種類が多く、それぞれに対応が必要だったり白ヘリは撃たないようにしたり考えさせられる
・武器も豊富でステージクリアごとに獲得できる
・2つのモードがあり、ミッションだけでもボリュームがある

微妙だった点

・コンソール版にあったCo-opが廃止された
・日本語非対応
・照準と自機が一体になって動くので一部の敵が倒しづらい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。