不思議なペットショップで1日だけ働くアドベンチャーゲーム「a pet shop after dark」の紹介レビュー

64

a pet shop after darkのトレイラー動画

a pet shop after darkってこんなゲーム

概要

・日本のデベロッパーnpckcが開発、2022年8月30日にリリース。

ゲーム内容

ゲームプレイ
不思議なペットショップで1日だけ働くアドベンチャーゲーム。

プレイヤーはバイトを探している女の子になり、変わった植物と透明のペットを売ってる怪しさ満点のお店で一晩だけ働くことになる。

仕事内容はショップに一晩泊まってペットの餌やりと植物の水やりをするだけ。これだけで普通のバイト一週間分のお金がもらえるという。

ただし一つだけ雇い主から注意点があり、何があっても「灯りを消すな」とのこと。

ゲーム画面は寝室、廊下、店頭、ショップに切り替えられ、各部屋の物を調べていくポイント&クリック形式。

普通にやれば店頭で餌やり、ショップで水やり、5分とかからず全ての仕事を終えられる。あとは寝室に戻って眠るだけ。

しかし夢の中で何者かに助けを求められ、なぜかこの一晩をループすることになり、何度も同じ晩を繰り返して店の秘密を明かしていくのが真の目的となる。

 

総評
64/100

「OneShot」や「ドキドキ文芸部」のような所謂メタパズルがふんだんに盛り込まれていて、どの謎解きも「普通」ではなく非常に凝った作りになっていて面白かった。謎解きの難易度は高め。特に3番目の謎解きは意味がわからず、結局調べて解いてもよくわからないぐらいに難しかった。その他の謎解きの難易度はちょうど良く、ユニークな仕掛けになっているおかげで達成感もひとしお。ストーリーの方はもっと期待していたけれど、明らかにバッドエンドの流れでなぜかキーアイテムが手に入るなど物語の流れに疑問を感じることがあり、ただじっと待つ時間が長かったりループで繰り返し同じセリフを見せられたりでテンポもあんまり良くない。値段のわりにボリュームも少ないけれど、かわいさの中にあるダークな雰囲気が良く、メタ的な謎解きが好きな人にはおすすめできる作品。

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・可愛いアートと絶妙に合ったダークな雰囲気
・ゲーム内のヒントを頼りに外部から謎を解くメタ要素
・ホラーだけど怖いのが苦手な人でも問題ない程度
・数字入力とクリックだけの簡単な操作
・日本語対応

微妙だった点

・値段のわりにボリュームは少ない
・ループしてもまた同じセリフを見せられテンポはイマイチ
・謎解きの数とヒントが不足している

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。