自動で動くキャラクターを配置してゴールに導くパズルゲーム「Automaton Kingdom」のレビュー

50

Automaton Kingdomってこんなゲーム

概要

・スペインのTrail Studioが開発、2022年5月24日にリリース。

ゲーム内容

ゲームプレイ
自動で動くキャラクターを配置してゴールに導くパズルゲーム。

ステージは全部で25あり、ステージに突入するとエディット(編集・計画)フェーズが始まる。

プレイヤーはマップ上にキャラクターを配置。このキャラクターは自動で動くのだが、そのままだとまずゴールにたどり着けない。

プレイヤーはマップにあるいくつかのギミックを事前に操作して結果を変え、キャラクターがゴールに行けるように誘導していくことになる。

 

エディットフェーズ
このフェーズでは、プレイヤーはキャラクターの配置、キャラクターの向き、マップ上に梯子をかける/外す、などの操作を行う。

キャラクターは職業によって能力や移動の早さが異なるので、よく考えて配置する。

 

キャラクター

冒険家
基本的なキャラ。他の職業と同様、目の前にあるレバーの操作や梯子に昇るなどの行動ができる。チェストを開いてアイテムを取り、そのアイテムを扱える他のキャラクターに渡す、といった役目を担うことが多い。空のチェストの前を通るとアイテムを収納するので、この習性も考慮して配置する。

ナイト
梯子に昇れず、左右にしか移動できないが、馬に乗っていて移動が早い。もろい床の上に乗ると床が崩れて下の階に行ける。斧を手にすると目の前の障害物を取り除くことができる。

バックパッカー
冒険家とほとんど変わらない能力だが、大きなリュックを持っており、他のキャラクターより持てるアイテムが多い。

アーチャー
アイテムを射ることができ、一部の障害物やドアのカギを撃ち抜く。

 

プレイフェーズ
エディットフェーズで準備を整え「START」をクリックするとプレイ(実行)フェーズへと移行。

このフェーズでは各キャラが自動で行動する。

最終的にマップ上にある金のカギを取り、奥の扉を開くとステージクリア。うまくいかなかった場合は、またエディットフェーズからのやり直しとなる。

 

総評
50/100

「レミングス」や「コロぱた」みたいなパズルゲーム。計画して実行して失敗して修正を繰り返しながら正解の方法を探り当てる。ステージが進むと複雑化して難しくなってくるが、解けたときは快感。無料のわりには良くできていると思う。良くなかった点としては、UIが何を示しているのかわかりにくい上にチュートリアルが無いので、序盤は慣れるのに少し苦労する。

ゲームの操作

マウスで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・難易度は高いが、何度も試行して詰めていけば必ず解けるパズルゲーム
・忙しくなくまったりとした雰囲気
・ステージが進むと難しくなるプレイヤーの成長に応じた難易度曲線
・キャラクターがかわいく動いている姿に癒される
・無料で遊べる

微妙だった点

・何が何やらよくわからないUI
・チュートリアルがなく基本的なところも手探り状態になる
・日本語非対応

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。