巨大キノコに追われながらドーナツを集めるホラーゲーム「Fungiman」のレビュー

52

Fungimanのトレイラー動画

Fungimanってこんなゲーム

概要

・svinomanが開発、2022年7月1日にリリース。

ゲーム内容

ゲームプレイ
恐怖の森でドーナツを集めるホラーゲーム。

舞台となるのはたくさんのキノコが自生する「ファンガーフォレスト」。

ゲームの目的は深夜に森の中を歩いて、チョコレートでデコレーションされた「ドーナツを6つ集める」というもの。

なぜこんなところにドーナツが落ちているのかはさておき、どうやらこのドーナツは森の監視者(Fungiman)の好物らしく、一つ拾っただけで恨まれ、しつこく追われることになる。

Fungimanの特徴としては、周りのキノコと比べて遥かに大きく光に弱い。そして、こちらが背を向けるともの凄い勢いで迫ってくる。

光に当たっている間は動かなくなるので、Fキーでライトを照らしながら後ろに移動するのが有効。ただし、それだとドーナツを見つけるのが難しいので、一瞬だけ振り向いて前を確認してドーナツが近くにあるか探す。

▼Fungimanに捕まるとゲームオーバーだが、BAD ENDが妙に凝った作りになっていて、一見の価値あり。

▼ドーナツを拾うごとにFungimanのスピードが上昇し5つ拾うころには難易度は理不尽なまでに高くなる。そこで「クリアできない」「エンディングだけ見たい!」という人のためにチートモードが用意されていて、Cキーを押すことで昼間にしたりピースフルモードに切り替えることができる。

 

総評
52/100

ゲームシステムはスレンダーマンみたいなもので、森の中を歩いてドーナツを集めるのみ。雰囲気がマッチしていて最初は恐怖するが、だんだんと理不尽さにイライラして、最後はほっこりする。ストーリーも良く、憎らしくも愛らしいFungimanでした。

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・6つのドーナツを集めるシンプルなゲーム
・クラシックとリメイクの2つのモード
・BAD ENDまで作り込まれている
・いろいろな機能を備えたチートモード
・無料で遊べる

微妙だった点

・日本語非対応(テキストが少ないのでほとんど問題なし)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。