中学時代の抜け落ちた記憶を探す本格サスペンスノベル「夢限ノ夜」のレビュー

60

夢限ノ夜ってこんなゲーム

概要

・日本のeasttiberiが開発、2019年9月9日にリリース。

ゲーム内容

ゲームプレイ
中学時代の抜け落ちた記憶を探す本格サスペンスノベル。
一見するとRPGツクール製のアドベンチャーゲームのように見えるが、自キャラを操作して探索したり移動したりすることは基本的になく、会話を中心に読み進めていく。

会話の中に選択肢が出てくることがあり、主人公の行動によってエンディングが変化。選択肢と同時にセーブする選択もできるので、何かあってもすぐにやり直せる。

登場キャラ

日向(ひむかい)ヨウ
本作の主人公で普通の社会人。昔の記憶が無く、なぜか今になって中学時代の夢を毎日見るようになる。後半では夢に出てきた出来事が真実なのかを確かめるため、妻のカエデと共に母校を訪れることになる。

日向 カエデ
主人公の妻。
霊感のようなものを持っていて、嫌な予感はだいたい当たる。

笹部アリカ
主人公の幼なじみで雰囲気的に良い関係。
病気がちでよく学校を休む女の子。

堀アツシ
主人公の親友。
両親は地元の小さなスーパーを営んでいる。性格が明るく内気な主人公を支えてくれる。

 

総評
60/100

3時間で3つのエンドクリア。
中学時代の記憶が無い主人公が昔の夢を見るようになり、そこで出てくる友人たちとの思い出が果たして真実なのか、今は廃校となってしまった母校に行って確かめにいく物語。ストーリーがしっかりとした構成で最後まで一気読みしてしまうぐらい引き込まれた。夢に出てくる学校生活のことや会話自体は普通だが全体的に雰囲気が薄気味悪く、記憶が無い割に夢の内容はやたらと鮮明で、読んでいる間はこの夢は本当にあったことなのか?主人公は親友のことや大切な思い出をなぜ忘れてしまったのか?そしてなぜ今になって夢に出てくるのか?とか考えながらやるとゾクゾクとさせられる。エンディングはどれも凝ったものになっているが、トゥルーエンドでも少し後味が悪い結末となっているので評価は分かれそう。

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・心にグサグサ刺さるサスペンスホラー
・会話以外の操作がほとんどなく(終盤の推理だけ少し移動操作がある)気軽に楽しめる
・周回しなくても簡単にエンディングの回収ができる
・無料で遊べる(無料とは思えないほどのボリュームと話の作り込みで読みごたえがある)

微妙だった点

・ロードからだとスキップ機能が無い
・F12のスクショ機能が使えない

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。