森の中でおじいちゃんを探すゲームボーイ風のアクションアドベンチャー「Owyn’s Adventure」のレビュー

50

Owyn’s Adventureのトレイラー動画

Owyn’s Adventureってこんなゲーム

概要

・イギリスのGazoidが開発、2018年12月14日にリリース。

ゲーム内容

ゲームプレイ
ゲームボーイ風のグラフィックが特徴的な2D横スクロールパズルアドベンチャー。

とある森の一軒家には主人公のオーウィン、母親、祖父の3人が平和に暮らしていた。

しかしある日の晩、祖父が家に帰って来ず行方不明に。心配しながらも忙しくて手が離せない母親に代わって孫のオーウィンは安全な家を出て、おじいちゃんを探しに危険な冒険の旅に出ることになる。

アクションはジャンプのみ。森の奥を進みパズルを解いておじいちゃんの家、それからおじいちゃんの研究所を目指す。

パズルは箱を動かして床のスイッチを押したりレバーを引いて時間制限付きのドアを開けたりと複雑なものはなく、どれもシンプル。オーウィンにはライフ3つとHPがあり、HPが無くなるとライフが一つ減ってチェックポイントからのやり直し。足場の無い場所に落ちてもライフが減るので気をつけながら進もう。

おじいちゃんの研究が関係しているのか、森の生物はすべて巨大化していて、最初は立ちふさがる敵に対してどうすることもできないが、剣を手に入れると倒すことができるようになる。攻撃は通常攻撃のみ、敵はゆっくり動く蜂とカタツムリしかいないので難しくはない。

最後にボスを倒すとゲームクリア。
ボスは一体のみで、ここもパズルになっておりギミックを駆使しながら倒す。

 

総評
50/100

クリアまで30分ぐらいのボリュームで短いが、古きよきゲームボーイの雰囲気を十分に味わえるゲーム。難易度はかなり低め。全体的にほのぼのとしていて、おじいちゃんとのストーリーも良い。

ゲームの操作

ゲームコントローラー、マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・4色カラーのゲームボーイ風のビジュアル
・戦闘もパズルも難易度は控えめでテンポ良く進められる
・30分ほどでさくっとクリア可能
・価格が安い(200円)

微妙だった点

・雑魚敵2種類、ボス一体のみで敵が少し物足りない
・日本語非対応(一部のUIは日本語)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。