勘で3択問題の正解を当て続けるゲーム「Telepathy Zero」のレビュー

20

Telepathy Zeroってこんなゲーム

概要

・ウクライナのCreashock studiosが開発、2017年7月22日にリリース。

ゲーム内容

ゲームプレイ
勘で3択問題の正解を当て続けるゲーム。

プレイヤーは未来から来たリサというロボットの女性に超能力があるかどうかを試される。彼女が出す問題に10問連続で正解し、自分にテレパシー能力があることを示してクリアを目指す。

問題の内容は毎回同じ。

「次は?」という問いに下の3つの図形の中から正解だと思うものを予想して選ぶ。答えは毎回ランダム。図形が合っていたら続けて同じ質問に答え、連続正解記録を伸ばす。間違ったら記録はリセットされ1からやり直し。


10問連続で正解するとすべての実績が解除される。

ちなみに3択の問題を10回連続正解する確率は1/59049。さすがにこれは達成できた人も少ないだろうなと思いながらゲーム内のランキングから他プレイヤーの連続記録を見ると、連続1000回以上の正解者がごろごろ、さらになんと200万回以上連続で正解しているプレイヤーまでいる。

普通にやったら実現不可能なので、答えに法則でもあるのかとガイドを覗いてみたら、どうやら連打ツールを使って高速でクリックさせるとゲームがバグって正解が見えるようになるとのこと。

 

総評
20/100

AI相手にあいこでも負けのじゃんけんをしている感覚。正解するごとにストーリーが進んだり推理して次の図柄がわかったりするようなゲーム性があれば面白かったかもしれない。今のところはゲーム性皆無で無料でもおすすめできない。

ゲームの操作

マウスで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・ヒント無しの3択の問題で答えを見つける、自分に霊感やテレパシー能力があるか試したい人にはいいかも
・背景やロボットの絵柄が不気味でサイバーパンクっぽい雰囲気が良い
・日本語対応
・無料で遊べる

微妙だった点

・図柄を選ぶだけでゲーム性は皆無
・他ゲームの広告が出てくる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。