スレンダーマンに追われながら8枚のメモを集めるホラーゲーム「I’mitation The Eight Suicide Note」の評価とレビュー

58

I’mitation The Eight Suicide Noteってこんなゲーム

ゲーム性

場所はとある施設。その施設内で探索して8枚のメモを集めるホラゲーです。

ビデオカメラの暗視機能を使い真っ暗な場所を進んでいくアウトラストっぽいゲーム。制限時間は無いが、ビデオカメラの充電がどんどん減っていくのでバッテリーを見つけ取り替えていく必要があります。

メモの場所はおそらく固定。マップはそんなに大きくないので、メモの場所さえ覚えればクリアはそんなに難しくありません。

メモを手に入れると画面が揺れスレンダーマンのような男が追ってくるようになり、メモを5枚ほど集めると追いかけてくる男も変わってより恐怖感が増していきます。

ゲームの操作

マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

追いかけられる系のホラーゲーム

建物内はほとんど真っ暗で、その中でスレンダーマン風の化け物に追いかけられるのでめちゃ怖いです。音もまた良い演出。

無料でプレイできる

無料ゲーにしては充分遊べる内容とボリューム。

エンディングが無い

8枚のメモを集めたら何が起こるのかとワクワクしてたのが、何も起こることなく終わってしまって消化不良感が残る。

I’mitation The Eight Suicide Noteをプレイした感想まとめ

Steamで3時間ほどプレイ。

無料プレイだがホラゲの要素がしっかりしあって楽しめた。エンディングがあってやメモも読めたりストーリーがあれば良かったが、まぁ無料ゲーで実験的なゲームということらしいので、そこまで不満ではないです。追いかけられまくるホラゲー好きにオススメします。

I’mitation The Eight Suicide Noteのストアページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。