男性を操作して真夜中に散歩するアドベンチャーゲーム「ブルームーン」のレビュー

50

ブルームーンのトレイラー動画

ブルームーンってこんなゲーム

概要

・スウェーデンのMårten Jonssonが開発、2015年10月23日にリリース。

ゲーム内容

ゲームプレイ
とある男性を操作して真夜中に散歩するアドベンチャーゲーム。

操作は歩く、走る、この2つのみ。右に前進するだけで後ろに戻ることはできない。ひたすら右に走ると3分とかからずクリアできる。

マップにはイベントが18ほど用意されていて、特定の場所に立ち止まると発生する。

イベントの場所は音楽の変化で察知可能。普段はコオロギや動物の鳴き声が響いているだけだが、イベントの場所になると神秘的な音楽が流れ出す。

回収したイベントや辿ったルートによってエンディング(主人公の人生)が分岐する。

 

総評
50/100

大きな月に照らされているのが綺麗で、環境音が良くコンセプトも面白い。
ずっと走っているだけだと何も起こらずただつまらない夜を過ごすことになってしまうが、たまに立ち止まって周囲を見渡したり、咲いている花を気にかけたりすることで新たな発見や出会いが待っている。ジャンルとしては「歩く」と「走る」しかないので2Dウォーキングシミュレーターといった感じ。プレイヤーができることはあまり無く、主人公が立ち止まることによって起こる変化を見て聞いて楽しむインタラクティブ性が強いゲーム。

ゲームの操作

ゲームコントローラー、マウスキーボードで操作します。

良かった点・微妙だった点

良かった点

・月が綺麗で散歩中の雰囲気が良い
・歩くと走るしかないので操作がシンプル
・仕掛けが凝っていて全ルート見たくなる
・日本語対応

微妙だった点

・2、3回目までは楽しいが、残りのイベントを探すプレイになるとちょっと作業感がある
・ゲーム内容に対して少し割高に感じる
・F12でスクリーンショットを撮るとデベロッパーツールが立ち上がる
・強制フルスクリーン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。